○一宮町営駐車場の設置及び管理に関する条例施行規則

平成25年7月1日

規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、一宮町営駐車場の設置及び管理に関する条例(平成25年一宮町条例第21号。以下「条例」という。)第12条の規定により、一宮町営駐車場(以下「駐車場」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(駐車場使用券の交付)

第2条 駐車場を使用する者(以下「使用者」という。)が駐車場を使用する際には駐車場使用券(別記様式)を交付するものとする。

2 釣ケ崎広場駐車場については、コインパーキングが発行する領収書とする。

(使用料の減額及び免除)

第3条 条例第8条第3号に規定する町長が特に必要と認めたときとは次の場合とし、減額又は免除できる額は当該各号に定める額とする。

(1) 町内に住所を有する運転者が使用する場合で、免許証の提示があったとき。 使用料の全額

(2) 障害を有する運転者が使用する場合で、障害者手帳の提示があったとき。 使用料の全額

(3) 町及び町が補助する団体がイベントを開催する場合で、関係車両を駐車させるとき。 使用料の全額

(4) テレビ撮影等特に町にメリットがあると思われる行為をするとき。 使用料の全額

(5) 漁業権を有する者が使用するとき。 使用料の全額

(6) その他町長が特に必要と認めたとき。 使用料の全額

(免責)

第4条 当駐車場内で発生した、衝突(接触)事故、積載物(附属物)による事故、盗難及び自然災害によって発生した損害について、町長(以下「管理者という。」)は一切の責任を負わないものとする。

(駐車場の使用方法)

第5条 駐車場を使用する者は、駐車場係員の指示に従って使用しなければならない。

(事故等の届出及び応急措置)

第6条 使用者は、駐車場内において、次に該当する場合は、直ちに駐車場係員に届けなければならない。

(1) 施設又は他の車両を損傷したとき。

(2) 自己又は他の車両、物品等に異常又は被害を発見したとき。

2 条例第5条第1号に規定する有料期間中において、駐車場係員は、前項の規定による届出があったとき、又はこれらの事故が発生するおそれがあると認めたときは、その旨管理者に報告し、その措置について指示を受けるものとする。

(禁止行為)

第7条 駐車場の使用者は、駐車場内で次の行為をしてはならない。

(1) 駐車場の施設又は器具を汚染し、又は損傷すること。

(2) 他の自動車等の駐車を妨げること。

(3) その他駐車場の管理に支障を与えること。

(駐車拒否車両及び禁止行為車両の移動指示)

第8条 管理者は、条例第9条に規定する駐車の拒否車両が駐車したとき、又は前条に規定する行為を行ったとき、有料駐車場脇の道路に駐車している車両を発見した場合には、所有者又は使用者に当該車両の移動を指示することができる。

2 管理者は、前項の規定に基づき移動の指示をしても所有者又は使用者が応じない場合は、茂原警察署に通報することができる。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像画像

一宮町営駐車場の設置及び管理に関する条例施行規則

平成25年7月1日 規則第21号

(平成25年7月1日施行)