○一宮町まち・ひと・しごと創生有識者会議設置要綱

平成27年5月19日

告示第25号

(設置)

第1条 まち・ひと・しごと創生法(平成26年法律第136号)第10条第1項に規定する市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略(以下「総合戦略」という。)の策定及び推進にあたり広く有識者からの意見を聴取するため、一宮町まち・ひと・しごと創生有識者会議(以下「会議」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 会議は、次に掲げる事項について検討し、町長へ助言するものとする。

(1) 総合戦略及び人口ビジョンの策定・推進に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、まち・ひと・しごと創生に関すること。

(3) その他必要と認めること。

(組織)

第3条 会議は、会長、副会長及び委員で構成し、委員は次に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 産業の関係者

(3) 町議会の関係者

(4) 教育の関係者

(5) 金融の関係者

(6) 労働団体の関係者

(7) メディアの関係者

(8) 農林、商工又は観光の関係者

(9) 子育ての関係者

(10) その他町長が適当と認める者

2 前項第9号の委員には公募委員も含め、その場合の公募方法・人数は別に定める。

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱日の属する年度末までとし、再任は妨げない。また、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長の職務)

第5条 会議に会長、副会長を置く。

2 会長は、委員の互選により定める。

3 会長は、会議を総括する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、副会長がその職務を代理する。

(会議)

第6条 会議は、会長が必要に応じて招集し、その議長となる。

2 会長が認めたときは、委員以外の者を会議に出席させ、説明を求め、又は意見の聴取をすることができる。

(報酬及び費用弁償)

第7条 委員は、会議に出席したときは報酬及び費用弁償を受けることができる。

(庶務)

第8条 会議の庶務は、企画課において処理する。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか会議の運営に必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この告示は、平成27年5月19日から施行する。

附 則(平成29年3月31日告示第40号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

一宮町まち・ひと・しごと創生有識者会議設置要綱

平成27年5月19日 告示第25号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成27年5月19日 告示第25号
平成29年3月31日 告示第40号