○一宮町福祉タクシー事業実施要綱

平成29年3月29日

告示第21号

(目的)

第1条 この告示は、障害者及び高齢者(以下「障害者等」という。)に対し、福祉タクシー料金(以下「利用料金」という。)の一部を助成することにより、日常生活の利便と社会参加の促進を図り、もって障害者等の福祉の向上に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 障害者等 本町に居住し、かつ、本町の住民基本台帳に記載されている者、又は町外の社会福祉施設等へ入所し、かつ、本町の住民基本台帳に記載されている者をいう。ただし、町内の社会福祉施設等への入所、入居等に伴って転入した者は除くものとする。

(2) 指定業者 道路運送法(昭和26年法律第183号)に基づく一般乗用旅客自動車運送事業の許可を受けて営業するもので、事業の実施について町と協定を締結した事業者をいう。

(3) 福祉タクシー 指定業者に所属するタクシーをいう。

(対象者)

第3条 事業の対象者は障害者等で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号)第27条の規定により要介護認定を受けている 者のうち要介護3以上に該当する者

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けた者であって、その障害の程度が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号身体障害者程度等級表に定める1級又は2級に該当する者。ただし、視覚障害、下肢又は体幹機能障害については、1級から3級までのいずれかに該当する者

(3) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第12条第1項に規定する児童相談所又は知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)第12条第1項に規定する知的障害者更生相談所において療育手帳の交付を受けた者であって、その障害の程度が((A))((A))の1、((A))の2、Aの1、Aの2と判定された者

(4) その他町長が特に認めた者

(利用の申請等)

第4条 福祉タクシーを利用する者(以下「利用者」という。)は、一宮町福祉タクシー利用申請書(別記第1号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請があったときは、その内容を審査し、一宮町福祉タクシー利用者証(別記第2号様式。以下「利用者証」という。)を交付するものとする。

(利用券の交付)

第5条 町長は、利用者1人につき一宮町福祉タクシー利用券(別記第3号様式。以下「利用券」という。)を1年度36枚交付するものとする。ただし、年度途中において交付するときは、申請の日の属する月の当該年度末までの月数に3を乗じた枚数とする。

2 利用券の有効期間は、交付の日から当該年度の末日までとする。

(利用方法)

第6条 利用者が、福祉タクシーを利用しようとするときは、利用者証を提示し、当該福祉タクシーの利用に係る運賃に併せて利用1回につき3,000円を限度として利用券を運転者に提出しなければならない。

(指定事業者の登録申請)

第7条 指定事業者の登録申請は、一宮町福祉タクシー事業指定事業者登録申請書(別記第4号様式)に、次に掲げる書類等を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 国土交通省運輸局より交付された経営許可書の写し

(2) 法人登記事項証明書又は法人登記簿謄本1通及び個人事業者については代表者の住民票1通

(3) 事業に使用する車両の車検証の写し

(4) 事業内容を掲載したパンフレット等

(5) 運転免許証の写し

2 町長は、前項の規定による申請書の提出があったときは、内容を審査し、指定事業者として認めたときは、当該指定事業者と協定を締結するものとする。

(助成金等)

第8条 町長は、利用者が福祉タクシーを利用したときは、利用1回につき3,000円を限度として助成するものとする。ただし、利用料金が3,000円に満たない場合は、当該利用料金の額とする。

2 前項に規定する助成金は、町長が指定業者に直接支払うものとする。

3 町長は、第9条の規定による助成金の請求があった場合、利用1回につき100円の事務取扱手数料を交付するものとする。

(助成金等の請求)

第9条 指定業者は、助成金及び事務取扱手数料を請求しようとするときは、毎月10日までに前月分を一宮町福祉タクシー助成金請求書(別記第5号様式)及び一宮町福祉タクシー事務取扱手数料請求書(別記第6号様式)に利用券を添えて、町長に提出しなければならない。

(届出)

第10条 利用者は、利用資格を喪失したときは、一宮町福祉タクシー利用資格喪失届(別記第7号様式)を速やかに町長に届け出なければならない。

(不正使用の禁止)

第11条 利用者は、利用券を他人に譲渡し、又は担保等にするなどの不正な使用をしてはならない。

2 町長は、利用者が不正な手段により利用券の交付を受けたとき、又は、不正に使用したときは、その者に対し未使用の利用券及び指定業者に支払った助成金額に相当する額の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(補則)

第12条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成29年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 町長は、新要綱の規定による利用券の交付その他新要綱の施行に関し、必要な準備行為を施行期日前においても行うことができる。

附 則(平成29年5月26日告示第58号)

この告示は、平成29年5月26日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一宮町福祉タクシー事業実施要綱

平成29年3月29日 告示第21号

(平成29年5月26日施行)