○一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金交付要綱

平成31年3月8日

告示第7号

(趣旨)

第1条 この告示は、地震その他の災害によるブロック塀等の倒壊又は転倒を未然に防止することにより、通行人等の安全性の向上を目的として、通学路に面するブロック塀等の除却又は建替えを行う者に対し、予算の範囲内において、一宮町補助金等交付規則(平成7年一宮町規則第12号)及びこの告示に基づき補助金を交付することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 削除

(2) ブロック塀等 コンクリートブロック塀、石積塀その他これらに類する塀をいう。

(3) 除却 ブロック塀等の全部又は一部を取り除くことをいう。

(4) 建替え ブロック塀等の除却を行い、軽量フェンス又は生垣等を新設することをいう。

(5) ブロック塀等改修工事 既存のブロック塀等の除却又は建替えの工事を行うことをいう。

(6) 町内施工業者 町内に本店を有する法人又は個人事業主で、ブロック塀等改修工事を行うものをいう。

(補助対象工事)

第3条 補助の対象となる工事は、通学路に面するブロック塀等改修工事とする。

2 前項に規定する工事は、通学路に面している安全性を確認することができないブロック塀等であって、ブロック塀等の高さが1メートルを超えるもの(ひび割れや傾きのあるブロック塀等を優先する。)を対象とする。

3 補助の対象となる工事は、当該年度内に工事が完了するものとする。

(補助対象者)

第4条 この告示により補助を受けることができる者は、町内においてブロック塀等を所有(法人その他の団体を除く。)し、町内に自ら居住しており、かつ、住民基本台帳に記載されている者のうち、次に掲げる要件を満たす者で、町内施工業者により通学路に面するブロック塀等改修工事を行ったものとする。ただし、同一敷地につき、1回限りとする。

(1) 世帯全員が町税(国民健康保険税を含む。以下同じ。)の滞納がないこと。

(2) 前条第2項に規定する安全性を確認することができないブロック塀等を所有し、管理していること。

(3) 対象となる工事について、一宮町で実施している他の制度による補助金、助成金又は保険給付金を受けていない者であること。

(4) 補助対象工事後に土地又は建物の販売を目的として行わないこと。

2 前項第3号の規定は、当該ブロック塀等改修工事以外の経費について、一宮町で実施する他の制度による規定の適用を妨げるものではない。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、次の各号のいずれか低い額とする。

(1) 除却するブロック塀等の長さに1メートル当80,000円を乗じた額。ただし、上限額は、80,000円とする。

(2) 建替えにより新設するブロック塀等の長さに1メートル当80,000円を乗じた額。ただし、上限額は、80,000円とする。

2 前項における補助金額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(補助金の交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金交付申請書(別記第1号様式)に、次に掲げる書類を添付して、町長に提出しなければならない。

(1) 世帯全員の住民票の写し

(2) 町税の納税証明書

(3) ブロック塀等改修工事前の状況を明らかにする写真

(4) ブロック塀等改修工事見積書の写し(建替えを実施する場合は、それぞれに係る費用の内訳が明示されたもの)

(5) ブロック塀等改修工事の内容を明らかにする図面及び仕様書

(6) その他町長が必要と認める書類

(補助金の交付決定)

第7条 町長は、前条に規定する申請書の提出があったときは、これを審査し、補助金の交付の可否を決定し、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金交付(不交付)決定通知書(別記第2号様式)により、当該申請者に通知するものとする。

(承認の申請等)

第8条 申請者は、前条の規定による通知を受けた場合において、当該通知に係る補助事業の内容を変更し、又は補助事業を中止し、若しくは廃止するときは、速やかに一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金変更承認申請書(別記第3号様式)に、次に掲げる書類を添付して町長に提出し、その承認を受けなければならない。

(1) 変更箇所の写真

(2) 変更後のブロック塀等改修工事見積書の写し(建替えを実施する場合は、それぞれに係る費用の内訳が明示されたもの)

(3) 変更内容を明らかにする図面及び仕様書

(4) その他町長が必要と認める書類

2 町長は、前項に規定する申請書の提出があったときは、その内容を審査し、変更等の承認の可否を決定し、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金変更承認(不承認)通知書(別記第4号様式)により、当該申請者に通知するものとする。

(実績報告書の提出)

第9条 申請者は、補助金に係るブロック塀等改修工事が完了したときは、完了後速やかに、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金実績報告書(別記第5号様式)に、次に掲げる書類を添付して、町長に提出しなければならない。

(1) 契約書又は請書の写し

(2) 領収書の写し

(3) ブロック塀等改修工事後の写真

(4) その他町長が必要と認める書類

(補助金の額の確定)

第10条 町長は、前条に規定する実績報告書の提出があったときは、その報告書を審査及び必要に応じて現地を調査し、交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認められるときは、補助金の額を確定し、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金交付確定通知書(別記第6号様式)により、当該申請者に通知するものとする。

(補助金の交付請求)

第11条 前条の規定により補助金の額の確定を受けた申請者は、補助金の交付を受けようとするときは、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金交付請求書(別記第7号様式)を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付)

第12条 町長は、前条の規定により補助金の請求書の提出があったときは、速やかに補助金を交付するものとする。

(決定の取消し)

第13条 町長は、申請者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 偽りその他不正の手段により補助金の交付の決定を受けたとき。

(2) 補助金を他の用途に使用したとき。

(3) 自らの責に帰すべき事情により補助事業を中止し、又は廃止したとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、この告示に違反したとき。

(補助金の返還)

第14条 町長は、前条の規定により補助金の交付の決定を取り消した場合において、補助事業の当該取消しに係る部分に関し既に補助金が交付されているときは、期限を定めて、その返還を命ずるものとする。

(その他)

第15条 この告示に定めるもののほか、一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金の交付に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年2月21日告示第4号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年2月1日告示第2号)

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一宮町ブロック塀等改修促進事業補助金交付要綱

平成31年3月8日 告示第7号

(令和3年4月1日施行)