○町長等の給料の特例に関する条例

令和2年6月12日

条例第14号

(町長の給料の特例)

第1条 町長に係る令和2年6月1日から令和3年3月31日までの間における給料の月額は、一宮町の特別職に在る者の常勤の給与及び旅費に関する条例(昭和38年一宮町条例第1号)第3条の規定にかかわらず、同条の規定による給料の月額から、50万円を減じた額とする。ただし、手当の額の算出の基礎となる給料の月額及び町長でその職を離れる者の当該職を離れる日における給料月額は、同条に定める額とする。

(副町長及び教育長の給料の特例)

第2条 副町長及び教育長に係る令和2年6月1日から令和3年3月31日までの間における給料の月額は、一宮町の特別職に在る者の常勤の給与及び旅費に関する条例(昭和38年条例第1号)第3条の規定にかかわらず、同条の規定による給料の月額から、5万円を減じた額とする。ただし、手当の額の算出の基礎となる給料の月額及び副町長若しくは教育長でその職を離れる者の当該職を離れる日における給料月額は、同条に定める額とする。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、令和2年6月1日から適用する。

(町長等の給料の特例に関する条例の廃止)

2 町長等の給料の特例に関する条例(平成20年一宮町条例第16号)は廃止する。

町長等の給料の特例に関する条例

令和2年6月12日 条例第14号

(令和2年6月12日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
令和2年6月12日 条例第14号