○障害者への偏見と差別をなくす宣言決議

平成18年3月23日

すべて国民は法の下に平等であり、社会的関係において差別されない社会の構築は基本的人権を尊重する上からも極めて重要である。

わが国においては、近年、障害者に対する理解は深まりつつあるものの、依然として偏見や誤解のため日常生活のさまざまな場面において、まだまだ差別を受けている現状にある。

一関市議会は、ここに「障害者への偏見と差別をなくす宣言決議」を行い、障害者基本法第3条に規定する基本理念実現のため、今後とも全力を尽くすものである。

障害者への偏見と差別をなくす宣言決議

平成18年3月23日 種別なし

(平成18年3月23日施行)

体系情報
第1編 規/第1章 市制施行
沿革情報
平成18年3月23日 種別なし