○一関市長の資産等報告書等閲覧規程

平成18年5月31日

告示第177号

(趣旨)

第1条 この告示は、一関市長の資産等の公開に関する条例施行規則(平成17年一関市規則第234号。以下「規則」という。)第11条第7項の規定に基づき、資産等報告書及び資産等補充報告書、所得等報告書並びに関連会社等報告書(以下「報告書」という。)の閲覧に関し必要な事項を定めるものとする。

(閲覧場所)

第2条 規則第11条第3項の市長が指定する場所は、一関市役所総務部総務課とする。ただし、市長は、閲覧に支障があると認めるときは、その他の場所を指定することができる。

(閲覧時間)

第3条 閲覧時間は、午前8時30分から正午まで及び午後1時から午後5時までとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、特に必要があると認めるときは、閲覧時間を変更し、又は閲覧業務の全部若しくは一部を休止することができる。

(閲覧の手続)

第4条 報告書を閲覧しようとする者(以下「閲覧者」という。)は、第2条に規定する閲覧場所の受付において、閲覧請求簿に、氏名、住所及び閲覧する報告書の名称を記載しなければならない。

(報告書の写しの交付)

第5条 閲覧者は、報告書の写しの交付を受けようとする場合は、その旨を係員に申し出なければならない。

2 報告書の写しの交付を受けた閲覧者は、当該写しの交付に要する費用を負担しなければならない。

(閲覧の中止又は禁止)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、閲覧を中止させ、又は禁止することができる。

(1) 閲覧者が、規則第4条の規定に違反したとき。

(2) 閲覧者が、報告書を汚損若しくは破損させ、若しくは加筆し、又はそのおそれがあると認められるとき。

(3) その他係員の指示に従わないとき。

附 則

この告示は、平成18年6月1日から施行する。

一関市長の資産等報告書等閲覧規程

平成18年5月31日 告示第177号

(平成18年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第4節 情報の公開・保護等
沿革情報
平成18年5月31日 告示第177号