○一関市室根地区会館条例

平成17年9月20日

条例第91号

(設置)

第1条 住民の福祉の増進を図り、地域の開発と発展に寄与するため、室根地区会館(以下「会館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

室根第4区集落センター

一関市室根町折壁字中谷地135番地1

室根田茂木地区コミュニティセンター

一関市室根町折壁字田茂木56番地

室根ひこばえの森交流センター

一関市室根町矢越字山古沢94番地7

室根第15地区会館

一関市室根町矢越字朴12番地3

室根交流促進センター

一関市室根町津谷川字中磯193番地12

(指定管理者による管理)

第3条 会館の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第4条 指定管理者が行う業務は、次に掲げるものとする。

(1) 会館の維持管理に関する業務

(2) 会館の利用の許可及び取消しに関する業務

(3) その他会館の運営に関し市長が必要と認める業務

(利用時間)

第5条 会館の利用時間は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、指定管理者は、必要と認めるときは、これを変更することができる。

(利用の許可)

第6条 会館を利用しようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も、同様とする。

2 指定管理者は、会館の利用が次の各号のいずれかに該当する場合は、前項の許可をしてはならない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設又は設備を汚損し、損傷し、又は亡失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、会館の管理上適当でないと認めるとき。

3 指定管理者は、会館の管理上必要があると認めるときは、第1項の許可に条件を付することができる。

(行為の禁止)

第7条 会館においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗に反すること。

(2) 施設又は設備を汚損し、損傷し、又は亡失すること。

(3) 指定された場所以外の場所にはり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。

(4) その他施設の管理上適当でない行為をすること。

(利用許可の取消し等)

第8条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、第6条第1項の許可を取り消し、同条第3項の条件を変更し、又はその利用を停止することができる。

(1) この条例又はこの条例の規定に基づく処分に違反したとき。

(2) 第6条第3項の規定に基づく条件に違反したとき。

(3) 会館の管理上必要があると認めるとき。

(利用料金)

第9条 第6条第1項の規定の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、その利用にかかる料金(以下「利用料金」という。)を前納しなければならない。

2 利用料金の額は、別表に掲げる額の範囲内の額で、指定管理者が定めるものとする。この場合において、指定管理者は、あらかじめ当該利用料金について市長の承認を受けなければならない。

3 市長は、指定管理者に、利用料金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

(利用料金の不還付)

第10条 既納の利用料金は、還付しない。ただし、災害その他不可抗力により使用できなくなったとき、その他指定管理者が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用料金の減免)

第11条 指定管理者は、特別の事由があると認めるときは、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(損害賠償)

第12条 利用者は、自己の責めに帰すべき理由により、施設又は設備を汚損し、損傷し、又は亡失したときは、市長の指示するところにより原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の室根村使用料条例(昭和32年室根村条例第14号)、生活改善センター設置条例(昭和46年室根村条例第12号)、室根村コミュニティー施設設置条例(昭和55年室根村条例第5号)、室根村地区会館設置条例(昭和58年室根村条例第7号)又は室根村交流促進センター設置条例(平成8年室根村条例第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年条例第59号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、改正前の一関市室根地区会館条例の規定によりなされた処分、手続きその他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続きその他の行為とみなす。

附 則(平成21年条例第5号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月14日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月17日条例第9号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

施設名

利用区分

単位

利用料金の限度額

基本利用料金

暖房料

第2条の表に規定する会館のうち室根交流促進センターを除く会館

各室

1時間

1室につき200円

実費を基準とし、あらかじめ市長の承認を得て、指定管理者が定める額

室根交流促進センター

集会室

1時間

400円

100円

会議室

400円

100円

調理実習室

400円

100円

研修室

800円

200円

備考

1 利用時間に1時間未満の端数が生じた場合は、1時間として計算する。

2 営利を目的とする場合の基本利用料金は、この表に掲げる額の2倍に相当する額とする。

3 利用料金を算出して得た額に、10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

一関市室根地区会館条例

平成17年9月20日 条例第91号

(平成28年4月1日施行)