○一関市民生委員児童委員連絡協議会運営費補助金交付要綱

平成18年6月30日

告示第199号

(目的)

第1 委員相互の連絡協調とその職務遂行に必要な知識及び技術の修得のため組織する一関市民生委員児童委員連絡協議会(以下「協議会」という。)の運営に要する経費に対し、予算の範囲内で一関市補助金交付規則(平成17年一関市規則第52号。以下「規則」という。)及びこの告示により補助金を交付する。

(補助金の交付の対象及び補助額)

第2 第1に規定する経費及びこれに対する補助額は、次のとおりとする。

経費

補助額

協議会の運営に要する経費で、会議費、研修費、活動費、負担金、交際的費用その他事務的費用

定額

(補助金交付の申請)

第3 規則第4条の規定により補助金の交付の申請をしようとする者は、補助金交付申請書(様式第1号)に事業計画書(様式第2号)及び収支予算書(様式第3号)を添えて市長に提出しなければならない。

(補助事業の内容等の変更)

第4 補助事業者は、規則第6条第1項の規定による補助事業の内容等を変更しようとするときは、事業変更(中止、廃止)承認申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 規則第6条第1項第1号及び第2号に規定する軽微な変更は、補助金交付の対象となる経費の額の2割以内の変更とする。

(申請の取下げ期日)

第5 補助事業者は、規則第8条に規定する補助金申請の取下げをしようとするときは、規則第7条の規定による補助金交付の決定の通知を受領した日から起算して15日以内に行わなければならない。

(補助金の交付請求)

第6 補助事業者は、規則第13条第1項の規定により補助金の交付の請求をしようとするときは、補助金交付請求書(様式第5号)に事業実績書(様式第2号)及び収支精算書(様式第3号)を添えて市長に提出しなければならない。

(前金払の請求)

第7 補助事業者は、規則第13条第3項の規定により補助金の前金払を請求しようとするときは、補助金前金払請求書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

2 前金払を受けた補助事業者は、補助事業が完了したときは、市長に補助金の精算報告をしなければならない。

制定文 抄

平成18年度分の補助金から適用する。

附 則(平成30年4月17日告示第149号抄)

平成30年4月17日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一関市民生委員児童委員連絡協議会運営費補助金交付要綱

平成18年6月30日 告示第199号

(平成30年4月17日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成18年6月30日 告示第199号
平成30年4月17日 告示第149号