○一関市地縁団体印鑑条例施行規則

平成17年9月20日

規則第141号

(趣旨)

第1条 この規則は、一関市地縁団体印鑑条例(平成17年一関市条例第114号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(抹消した地縁団体印鑑登録原票)

第2条 市長は、条例第9条の規定により地縁団体印鑑の登録を抹消したときは、当該地縁団体印鑑登録原票に抹消年月日及び理由を記載し、これを保管するものとする。

(登録証明書の認証)

第3条 市長は、印鑑登録証明書を交付するときは、その末尾に登録原票に登録されている印影の写しであることに相違ない旨を記載するものとする。

(文書の保存期限)

第4条 地縁団体印鑑に関する文書の保存期限は、次のとおりとする。

(1) 抹消した地縁団体印鑑登録原票は、抹消した日の属する年の翌年から5年とする。

(2) 地縁団体印鑑登録及び印鑑登録証明に関する申請書等は、申請又は届出の日の属する年の翌年から2年とする。

(申請書等の様式)

第5条 地縁団体印鑑の登録及び証明に関する申請書等の様式は、次に定めるところによる。

(1) 印鑑登録申請書 様式第1号

(2) 地縁団体印鑑登録原票 様式第2号

(3) 印鑑登録証明書交付申請書 様式第3号

(4) 印鑑登録証明書 様式第4号

(5) 印鑑登録廃止申請書 様式第5号

(6) 印鑑登録抹消通知書 様式第6号

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の一関市地縁団体印鑑条例施行規則(平成6年一関市規則第3号)、大東町認可地縁団体印鑑要綱(平成12年大東町告示第8号)又は千厩町地縁団体印鑑条例施行規則(平成10年千厩町規則第19号)の規定により登録を受けている者に係る地縁団体印鑑登録原票及び印鑑登録証明書については、なおその効力を有する。

(藤沢町の編入に伴う経過措置)

3 藤沢町の編入の日(以下「編入日」という。)の前日までに、編入前の藤沢町認可地縁団体の印鑑登録及び証明に関する条例施行規則(平成15年藤沢町規則第21号。以下「編入前の規則」という。)の規定により作成された認可地縁団体印鑑登録原票及び印鑑登録証明書は、この規則の相当規定により作成された地縁団体印鑑登録原票及び印鑑登録証明書とみなす。

4 前項に定めるもののほか、編入日の前日までに、編入前の規則の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなし、この規則の施行の際現に保存されている書類の保存期間は、通算する。

附 則(平成23年9月22日規則第112号)

この規則は、平成23年9月26日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一関市地縁団体印鑑条例施行規則

平成17年9月20日 規則第141号

(平成23年9月26日施行)