○一関市ニューツーリズム推進体制整備事業補助金交付要綱

平成25年3月29日

告示第49号

(目的)

第1 地域が保有する資源及び人材の活用による農村体験の受入体制の整備を図るため、実践団体が行うニューツーリズム推進体制整備事業に要する経費に対し、予算の範囲内で、一関市補助金交付規則(平成17年一関市規則第52号。以下「規則」という。)及びこの告示により補助金を交付する。

(定義)

第2 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) ニューツーリズム これまで観光資源としては気付かれていなかったような地域固有の資源や人材を新たに活用し、体験型及び交流型の要素を取り入れた旅行の形態をいう。

(2) 実践団体 農村体験の受入れを行う団体をいう。

(補助対象団体)

第3 補助金の交付対象となる団体は、次の各号のいずれにも該当する団体とする。

(1) 市内に活動の本拠地を有する団体

(2) 市内の全域において農村体験の受入れを行うことができる団体

(3) 定款又は規約を有する団体

(4) 独立した会計口座を有する団体

(補助対象経費及び補助額)

第4 補助金の対象経費及びにこれに対する補助額は、次のとおりとする。

対象経費

補助額

実践団体が行うニューツーリズム推進体制整備事業に要する経費で、人件費、報償費、旅費、消耗品費、印刷製本費、教材費、材料費、通信運搬費、手数料、保険料、使用料、賃借量、委託料、その他市長が認める事務的経費

定額

(提出書類及び提出期日)

第5 規則に定める書類及びこれに添付する書類並びに提出期日は、別表のとおりとする。

(補助事業の経費の配分及び内容の軽微な変更)

第6 規則第6条第1項第1号及び第2号に規定する軽微な変更は、補助金の交付決定額に変更を生じない変更とする。

(申請の取下期日)

第7 規則第8条第1項に規定する申請の取下期日は、補助金の交付の決定の通知を受領した日から15日以内とする。

(前金払の請求)

第8 補助金の前金払を請求しようとするときは、ニューツーリズム推進体制整備事業補助金前金払請求書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(事業実施状況の報告)

第9 補助金の交付決定を受けた者は、市長から事業の実施状況について報告を求められた場合は、ニューツーリズム推進体制整備事業実施状況報告書(様式第6号)により、市長に報告しなければならない。

(補則)

第10 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

別表(第5関係)

条項

提出書類及び添付書類

様式

提出期日

規則第4条の規定による書類

ニューツーリズム推進体制整備事業補助金交付申請書

第1号

別に定める。

1 事業計画書

2 定款又は規約の写し

3 総会等の資料の写し

4 その他市長が必要と認める書類

第2号


規則第6条第1項第1号第2号及び第3号の規定による書類

ニューツーリズム推進体制整備事業変更(中止、廃止)承認申請書

第3号

別に定める。

事業計画書

第2号


規則第13条第1項の規定による書類

ニューツーリズム推進体制整備事業補助金請求(精算)

第4号

別に定める。

1 事業実績書

2 要項、写真等活動内容のわかる資料

3 金銭出納簿の写し

4 領収書等の写し

5 賃金台帳の写し

6 出勤簿の写し

7 業務記録文書の写し

8 その他市長が必要と認める書類

第2号


画像

画像

画像

画像

画像

画像

一関市ニューツーリズム推進体制整備事業補助金交付要綱

平成25年3月29日 告示第49号

(平成25年3月29日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産等/第1節
沿革情報
平成25年3月29日 告示第49号