○一関市地域連携推進員設置規則

平成25年3月29日

規則第14号

(設置)

第1条 農業の基本となる担い手及び農地利用の課題の一体的な解決に取り組み、もって持続可能な力強い農業の実現を図るため、地域又は集落(以下「地域等」という。)における地域農業マスタープランの作成及び実行に向けた地域等の合意形成の促進を目的として、一関市地域連携推進員(以下「推進員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 推進員は、職務の遂行に必要な知識経験を有する者のうちから市長が委嘱する。

(任用期間)

第3条 推進員の任期は、1年以内とする。ただし、再任を妨げない。

(身分)

第4条 推進員は、非常勤とする。

(職務)

第5条 推進員は、農林部農政課長及び支所産業経済課長の指揮監督を受け、次に掲げる職務を行う。

(1) 地域農業マスタープランの作成に向けた地域等における話し合いの調整及び支援に関すること。

(2) 地域農業マスタープランの作成に関すること。

(3) 地域農業マスタープランの実行に係る地域等の支援に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、地域農業マスタープランに関し市長が必要と認めること。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

一関市地域連携推進員設置規則

平成25年3月29日 規則第14号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産等/第2節
沿革情報
平成25年3月29日 規則第14号