○一関市県営土地改良事業分担金徴収条例

平成17年9月20日

条例第138号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第224条の規定に基づき、県営土地改良事業について徴収する分担金に関し必要な事項を定めるものとする。

(分担金の総額)

第2条 分担金の総額は、毎年度当該事業に要する経費のうち国の補助金及び県並びに市が負担すべき額を減じて得た額とする。

(区域)

第3条 当該事業を実施する区域は、別表のとおりとする。

(被徴収者の範囲)

第4条 分担金は、当該事業によって利益を受ける地域内にある土地につき土地改良法(昭和24年法律第195号)第3条に規定する資格を有する者(以下「受益者」という。)から徴収する。ただし、受益者を構成員とする地縁による団体が当該事業により利益を得るときは、当該団体から徴収することができる。

(分担金の賦課徴収)

第5条 受益者から徴収する分担金の額は、受益面積割(前条ただし書の規定により徴収するときは、総受益面積)によって算定した額とし、市長の発行する納入通知書によって納入しなければならない。

(天災等による納期の延期)

第6条 市長は、天災その他避けることができない事由により必要と認めたときは、分担金の納期を延期することができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 合併前の花泉町において、この条例の施行の日の前日までに行われ、又はこの条例の施行の際現に行われている事業に係る合併前の花泉町県営ほ場整備事業分担金徴収条例(平成10年花泉町条例第10号。以下「合併前の条例」という。)の規定による分担金については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成26年12月10日条例第42号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、改正前の一関市県営ほ場整備事業分担金徴収条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の一関市県営土地改良事業分担金徴収条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

別表(第3条関係)

地区名

区域

川北地区

一関市花泉町油島字中川北の一部、字仮谷の一部、字花欠の一部、字中川南向中島の一部、字向中島の一部、字五輪下境中島の一部

角屋地区

一関市花泉町永井字岫前の一部、字角屋の一部、字川ノ口の一部

一関市県営土地改良事業分担金徴収条例

平成17年9月20日 条例第138号

(平成26年12月10日施行)