○一関市東山高度集約牧野条例

平成17年9月20日

条例第143号

(設置)

第1条 優良な家畜の生産及び育成を図るため、高度集約牧野(以下「牧野」という。)を設置する。

(名称、位置等)

第2条 牧野の名称、位置及び面積は、次のとおりとする。

名称

位置

採草地面積

磐井里団地

一関市東山町長坂字柴宿176番地1

5.6ha

館合団地

一関市東山町長坂字柴宿178番地1

2.7ha

山谷団地

一関市東山町長坂字北山谷261番地3

1.0ha

長平第1団地

一関市東山町長坂字長平241番地3

3.4ha

長平第2団地

一関市東山町長坂字長平244番地1

4.0ha

長平第3団地

一関市東山町長坂字長平244番地1

6.8ha

長平第4団地

一関市東山町長坂字長平244番地1

2.8ha

(利用者の資格)

第3条 牧野を利用することのできる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 市内に住所を有し、家畜を飼養する者(団体を含む。)

(2) 前号以外の者で、市長が適当とみとめたもの

(利用の許可及び使用料)

第4条 牧野を利用しようとする者は、あらかじめ市長に申請し、その許可を受けなければならない。

2 前項の規定により利用の許可を受けた者は、次に定める使用料を市長の定める日までに納付しなければならない。

区分

使用料

10アール当たり

1,720円

(委任)

第5条 この条例に規定するもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の東山町高度集約牧野管理条例(昭和34年東山町条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成19年条例第19号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月14日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月14日条例第8号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

一関市東山高度集約牧野条例

平成17年9月20日 条例第143号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産等/第3節
沿革情報
平成17年9月20日 条例第143号
平成19年3月22日 条例第19号
平成24年3月14日 条例第20号
平成26年3月14日 条例第8号