○一関市火入れ条例

平成17年9月20日

条例第153号

(趣旨)

第1条 この条例は、森林法(昭和26年法律第249号。以下「法」という。)第21条に規定する火入れの許可に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可の申請)

第2条 法第21条第1項の規定に基づき、火入れの許可を受けようとする者は、規則で定めるところにより市長に申請しなければならない。

(許可の要件)

第3条 市長は、前条の申請に係る火入れが次の各号のすべての要件に該当する場合でなければ許可をしてはならない。

(1) 火入れの目的が法第21条第2項各号に掲げる目的のいずれかに該当すること。

(2) 火入れを行おうとする土地(以下「火入地」という。)及び火入地の周囲の現況、火入れを行おうとする期間における気象状況の見通しその他の状況からみて、周囲に延焼のおそれがないと認められること。

(許可の条件)

第4条 市長は、火入れの適正な実施を確保するため、火入れの許可に当たっては、条件を付することができる。

(許可の取消し等)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、火入れの許可を取り消し、前条の条件を変更し、又は行為の中止若しくは火災の予防その他危害の防止のため必要と認める措置を命ずることができる。

(1) 火入れの許可をした後において第3条第2号に該当しないこととなったとき。

(2) 火入れの許可を受けた者がこの条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の火入れ条例(昭和60年一関市条例第18号)、花泉町火入れに関する条例(昭和61年花泉町条例第10号)、大東町火入れに関する条例(昭和59年大東町条例第2号)、千厩町火入れに関する条例(昭和59年千厩町条例第9号)、東山町火入れに関する条例(昭和59年東山町条例第21号)、室根村火入れに関する条例(昭和59年室根村条例第10号)又は川崎村火入れに関する条例(昭和59年川崎村条例第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

(藤沢町の編入に伴う経過措置)

3 藤沢町の編入の日の前日までに、編入前の藤沢町火入れに関する条例(昭和59年藤沢町条例第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成23年9月22日条例第36号)

この条例は、平成23年9月26日から施行する。

一関市火入れ条例

平成17年9月20日 条例第153号

(平成23年9月26日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産等/第4節
沿革情報
平成17年9月20日 条例第153号
平成23年9月22日 条例第36号