○一関市須川国民保養温泉地施設条例

平成17年9月20日

条例第165号

(設置)

第1条 市民の健康増進と住民福祉の向上を図るため、須川国民保養温泉地施設(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

一関市須川国民保養温泉地施設

一関市厳美町字祭畤山国有林地内

(定義)

第3条 施設とは、次に掲げるものをいう。

(1) 給水施設

(2) 日光浴台

(3) 駐車場

(4) 休憩所

(5) 野営場

(利用の許可)

第4条 前条第4号及び第5号の施設を利用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(使用料)

第5条 前条の許可を受けようとする者は、別表に定める使用料を前納しなければならない。

(減免)

第6条 市長は、公共的活動を目的として、施設を利用しようとする者については、前条の規定にかかわらず、使用料を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の須川国民保養温泉地施設条例(昭和39年一関市条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

別表(第5条関係)

施設

使用料

休憩所又は野営場

1人1日1回につき 100円

一関市須川国民保養温泉地施設条例

平成17年9月20日 条例第165号

(平成17年9月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第5章
沿革情報
平成17年9月20日 条例第165号