○一関市望洋平キャンプ場条例

平成17年9月20日

条例第169号

(設置)

第1条 保健、休養及び自然との結付きを図るため、望洋平キャンプ場(以下「キャンプ場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 キャンプ場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

望洋平キャンプ場

一関市室根町折壁字室根山1番地241

(指定管理者による管理)

第3条 キャンプ場の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第4条 指定管理者が行う業務は、次に掲げるものとする。

(1) キャンプ場の維持管理に関する業務

(2) キャンプ場の利用の許可及び取消しに関する業務

(3) その他キャンプ場の運営に関し市長が必要と認める業務

(利用時間)

第5条 キャンプ場の利用時間は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めたときは、市長の承認を得て、これを変更することができる。

(1) キャンプ場の利用時間は、午前9時から午後5時までとする。

(2) 宿泊の利用時間は、午後1時から翌日午前11時までとする。

(定期休日)

第6条 キャンプ場の定期休日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、臨時に開所し、又は休所することができる。

(1) 毎週月曜日。ただし、その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日にあたるときは、当該休日以後の直近の休日でない日とする。

(2) 毎年11月1日から翌年4月30日まで

(利用の許可)

第7条 キャンプ場の施設を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も、同様とする。

2 指定管理者は、その利用が次の各号のいずれかに該当するときは、前項の許可を行わないことができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗に反するおそれがあるとき。

(2) 施設又は設備を汚損し、損傷し、又は亡失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、キャンプ場の管理上適当でないと認めるとき。

3 指定管理者は、キャンプ場の管理上必要があると認めるときは、第1項の許可に条件を付することができる。

(利用の許可の取消し等)

第8条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、前条の規定による許可を取り消し、又は利用の許可をしないことができる。

(1) 公の秩序を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 施設及び附属物を損傷し、又は亡失したとき。

(3) 自然を破壊するおそれがあると認めたとき。

(4) 公的に緊急に利用する事由が生じたとき。

(5) 施設設備のため必要があるとき。

(6) その他管理上適当でないと認めるとき。

(利用料金)

第9条 キャンプ場を利用する者は、その利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を納付しなければならない。

2 利用料金の額は、別表に掲げる額の範囲内の額で、指定管理者が定めるものとする。この場合において、指定管理者は、あらかじめ当該利用料金について市長の承認を受けなければならない。

3 既納の利用料金は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 前条第4号第5号又は第6号の規定に基づき指定管理者が利用の許可を取り消したとき。

(2) 利用者の責めに帰することができない理由により利用することができなかったとき。

(3) その他指定管理者が特別の理由があると認めるとき。

4 市長は、指定管理者に、利用料金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

(利用料金の減免)

第10条 指定管理者は、公益上特別な理由があると認めるときは、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による立入り)

第11条 指定管理者は、キャンプ場の管理上必要があると認めるときは、利用中のキャンプ場の施設内にキャンプ場の管理の業務に従事する者を立ち入らせることができる。

(損害賠償)

第12条 利用者は、自己の責めに帰すべき理由により施設又は設備を損傷し、又は亡失したときは、市長の指示するところにより原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の望洋平キャンプ場条例(平成5年室根村条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年条例第45号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、改正前の一関市望洋平キャンプ場条例の規定によりなされた処分、手続きその他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続きその他の行為とみなす。

附 則(平成24年3月14日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第9条関係)

種別

利用料金の限度額

摘要

バンガロー

(1棟)

けやき・こぶし・みずき・すぎ

3人用

宿泊 2,100

日帰り 1,050


ぶな

4人用

宿泊 3,150

日帰り 1,575


みずなら

6人用

宿泊 3,675

日帰り 2,100


つつじ・もみじ

6人用

宿泊 4,200

日帰り 2,100


しらかば・かえで

8人用

宿泊 4,200

日帰り 2,100


温水シャワー(3分間)

100


一関市望洋平キャンプ場条例

平成17年9月20日 条例第169号

(平成24年3月14日施行)