○一関市駐車場条例

平成17年9月20日

条例第183号

(設置)

第1条 道路交通の円滑化を図り、市民の利便に資するため、駐車場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 駐車場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

東口南駐車場

一関市字相去81番地1

東口北駐車場

一関市字柳町22番地3

西口南駐車場

一関市駅前67番地1

西口北駐車場

一関市上大槻街1番1号

地主町駐車場

一関市地主町3番19号

城内駐車場

一関市城内1番46号

花泉駅前駐車場

一関市花泉町花泉字地平42番地6

大原駐車場

一関市大東町大原字一六20番地3

猿沢駐車場

一関市大東町猿沢字山崎93番地1

摺沢駅前駐車場

一関市大東町摺沢字街道下地内

藤沢町裏駐車場

一関市藤沢町藤沢字町裏地内

藤沢二日町駐車場

一関市藤沢町黄海字町裏地内

(利用時間及び使用料)

第3条 駐車場の利用時間は、次のとおりとする。

(1) 東口南駐車場、東口北駐車場、西口南駐車場、西口北駐車場、地主町駐車場、城内駐車場、花泉駅前駐車場、藤沢町裏駐車場及び藤沢二日町駐車場の利用時間は、午前零時から午後12時までとする

(2) 大原駐車場、猿沢駐車場及び摺沢駅前駐車場の利用時間は、午前6時から午後10時までとする。

2 駐車場の使用料は、別表第1のとおりとする。

(回数駐車券及び定期駐車券)

第4条 市長は、駐車場を利用しようとする者の利便を図るために必要と認めたときは、回数駐車券(別表第2)及び定期駐車券(別表第3)を発行することができる。

(使用料の徴収等)

第5条 使用料は、車両の出場の際に徴収する。

2 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、使用料の全部又は一部を還付することができる。

(使用料の減免)

第6条 市長は、公益上特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(車両の制限)

第7条 駐車場を利用することができる車両の範囲は、次のとおりとする。ただし、市長が駐車場の管理に支障がないと認めたときは、この限りでない。

(1) 大型自動車(乗用のものに限る。)

(2) 普通自動車

(3) 小型自動車(自動二輪車を除く。)

(4) 軽自動車(自動二輪車を除く。)

(利用の拒否)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、利用を拒否することができる。

(1) 駐車場の構造上駐車させることができないとき。

(2) 発火、引火又は爆発のおそれがある物品を積載しているとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、駐車場の管理上支障があると認めるとき。

(行為の禁止)

第9条 駐車場では、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の車両の駐車を妨げること。

(2) 駐車場の設備又は駐車中の車両を損傷し、又は損傷すること。

(3) ごみを捨て、みだりに騒音を発すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(利用の休止)

第10条 市長は、駐車場の整備その他必要があると認めるときは、駐車場の全部又は一部の利用を休止することができる。

(損害賠償)

第11条 駐車場の施設又は設備を損傷し、又は滅失した者は、直ちに原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(賠償責務)

第12条 駐車場において生じた損害については、市の責めに帰すべき理由に基づくものを除くほか、市はその責務を負わない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(過料)

第14条 詐欺その他不正の行為により、使用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の駐車場条例(昭和53年一関市条例第4号)、町営駐車場条例(昭和60年花泉町条例第12号)、大東町駐車場設置条例(平成12年大東町条例第9号)又は東山町駐車場設置条例(昭和41年東山町条例第30号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

(藤沢町の編入に伴う経過措置)

4 藤沢町の編入の日の前日までに、編入前の藤沢町営駐車場設置条例(平成12年藤沢町条例第32号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年条例第80号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年9月22日条例第36号)

この条例は、平成23年9月26日から施行する。

附 則(平成27年9月18日条例第40号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成27年10月規則第110号で平成27年10月23日から施行)

附 則(平成28年3月17日条例第21号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

1 東口南駐車場、東口北駐車場、西口南駐車場、西口北駐車場、地主町駐車場及び城内駐車場





区分

使用料


大型自動車以外の自動車

利用時間1時間まで 100円

利用時間2時間まで 200円

利用時間3時間まで 300円

利用時間6時間まで 400円

利用時間12時間まで 500円

利用時間24時間まで 600円

利用時間が24時間を超えるときは、超過時間12時間までごとに300円を加算した額

大型自動車

利用時間1時間まで 200円

利用時間2時間まで 400円

利用時間3時間まで 600円

利用時間6時間まで 800円

利用時間12時間まで 1,000円

利用時間24時間まで 1,200円

利用時間が24時間を超えるときは、超過時間12時間までごとに600円を加算した額

備考 第7条ただし書の規定により利用を認められた車両の使用料は、大型自動車の区分による。

2 花泉駅前駐車場、大原駐車場、猿沢駐車場、摺沢駅前駐車場、藤沢町裏駐車場及び藤沢二日町駐車場 無料とする。

別表第2(第4条関係)

区分

金額

備考

回数駐車券(綴1冊)

1,000円

100円券11枚綴1冊

別表第3(第4条関係)

区分

利用時間

金額

定期駐車券

午前零時から午後12時まで

1箇月 6,300円

一関市駐車場条例

平成17年9月20日 条例第183号

(平成28年4月1日施行)