○一関市水道企業職員被服貸与規程

平成17年9月20日

水道訓令第23号

(趣旨)

第1条 この訓令は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第10条の規定に基づき、水道企業職員(以下「職員」という。)に対する職務上必要な被服(以下「被服」という。)の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(被服の貸与)

第2条 被服の貸与を受けることのできる職員並びに貸与する被服の種類、品質、員数及び貸与期間の基準は、別表のとおりとする。ただし、別表に定める職員以外で臨時に被服の貸与が必要と認める場合は、貸与期間を別に定めて貸与することができる。

2 前項の規定にかかわらず、勤務の態様その他の事情を考慮して、被服の貸与をせず、又は貸与期間を伸縮することができる。

(被服の貸与手続等)

第3条 所属長(職員の所属する課の長をいう。以下同じ。)は、所属職員のうち被服の貸与を必要と認める者について被服貸与申請書(様式第1号)を水道事業及び工業用水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)に提出し、決裁を受けなければならない。

2 所属長は、被服の貸与を受けた職員(以下「被貸与者」という。)についての被服貸与票(様式第2号)を備えなければならない。

(貸与被服の取扱い)

第4条 被貸与者は、善良な管理者の注意をもって貸与被服を取り扱い、破損し、又は汚損したときは、これを補修し、又は洗浄しなければならない。

2 貸与被服には、貸与の年月日及び被貸与者の氏名を明示しておかなければならない。

(損害賠償)

第5条 被貸与者が故意又は過失により貸与被服を亡失し、又は使用不能にしたときは、その損害を弁償させることができる。

(貸与被服の返納)

第6条 被貸与者は、貸与期間が満了したとき、又は休職を命ぜられ、若しくは退職したとき、その他貸与を必要としない理由が生じたときは、直ちに貸与被服を所属長の検査を経て返納しなければならない。

(被服の払下げ)

第7条 貸与期間が満了したとき、又は被貸与者が退職したときは、返納された被服又は貸与被服を職員又は被貸与者の遺族に対し無償で払い下げることができる。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の企業職員被服貸与規程(昭和41年一関市水道訓令第4号)、花泉町水道事業職員被服貸与規程(昭和53年花泉町管理規程第2号)又は水道事業所職員被服貸与規程(昭和63年千厩町訓令第9号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

(藤沢町の編入に伴う経過措置)

3 藤沢町の編入の日の前日までに、編入前の藤沢町の水道事業所企業職員に対し貸与された被服は、この訓令の規定により貸与されたものとみなす。

附 則(平成23年9月22日水道訓令第8号)

この訓令は、平成23年9月26日から施行する。

附 則(平成29年3月31日水道事業訓令第2号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

番号

被服貸与を受けることのできる職員

被服の種類

品質

員数

貸与期間

1

浄水場に勤務する職員

作業衣(上)

1

2

(下)

1

1

夏服作業衣(上・下)

1

3

防寒衣(上)


1

4

安全靴(半長靴)

1

4

2

メーター検針に従事する職員

作業衣(上・下)

1

2

夏服作業衣(上・下)

1

3

防寒衣(上)


1

4

3

給水料等の出張徴収(滞納整理)に従事する職員

作業衣(下)

1

2

夏服作業衣(上・下)

1

3

防寒衣(上)


1

4

4

材料の管理及び検査に従事する職員

作業衣(上・下)

1

3

夏服作業衣(上・下)

1

3

防寒衣(上)


1

4

安全靴(半長靴)

1

4

5

測量、設計又は工事の検査監督に従事する職員

作業衣(上・下)

1

2

夏服作業衣(上・下)

1

3

防寒衣(上)


1

4

安全靴(半長靴)

1

5

6

施設の維持、修繕、作業に従事する職員

作業衣(上)

1

1

作業衣(下)

2

1

夏服作業衣(上・下)

1

2

防寒衣(上・下)


1

2

安全靴(編上靴)

1

4

7

一般事務に従事する職員(作業上衣貸与者を除く。)

女子事務服(夏・冬上)


各1

3

画像

画像

一関市水道企業職員被服貸与規程

平成17年9月20日 水道訓令第23号

(平成29年4月1日施行)