○一関市病院事業当直規程

平成23年9月26日

病院事業管理規程第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、一関市病院事業の各施設における当直の服務に関し必要な事項を定めるものとする。

(当直の種類及び勤務時間)

第2条 当直は、宿直及び日直とし、勤務時間等は、一関市病院企業職員就業規則(平成23年一関市病院事業管理規程第2号)第42条第3項の規定による。

(当直)

第3条 当直員は、別に定めるもののほか、病院企業職員をもって充てるものとする。

2 当直の割振りは、各施設の長が定め、当該職員に通知するものとする。

(当直の交代等)

第4条 当直を命ぜられた職員がやむを得ない事由により当直勤務ができないときは、上司の承認を受け、他の職員と交代することができる。

(当直免除)

第5条 各施設の長は、次に掲げる職員の当直を免除することができる。

(1) 採用又は配置替えによって転入の日から1月を経過しない職員

(2) 病気等のため当直勤務に支障があると認められる職員

(3) その他特に免除の必要があると認められる職員

2 前項第2号及び第3号により当直を免除する場合、各施設の長は、あらかじめ事務局長と協議しなければならない。

(当直員の規律)

第6条 当直員は、常に最も勤務に適する位置にあって、いつでも職責を遂行できる態勢を保持しなければならない。

第7条 当直員は、当直日誌に必要な事項を記載し、当直勤務終了後収受物件とともに後任者に引き継ぎ、事務長又は総看護師長を経て各施設の長の閲覧を受けなければならない。

(補則)

第8条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、病院事業管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成23年9月26日から施行する。

一関市病院事業当直規程

平成23年9月26日 病院事業管理規程第6号

(平成23年9月26日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 病院事業/第2節 人事・給与
沿革情報
平成23年9月26日 病院事業管理規程第6号