○一関市国民健康保険藤沢病院医療ガス安全管理委員会設置規程

平成23年9月26日

病院事業管理規程第18号

(設置)

第1条 一関市国民健康保険藤沢病院(以下「病院」という。)内で使用する医療ガス(診療の用に供する酸素、各種麻酔ガス、吸引、医用圧縮空気、窒素等をいう。)設備の安全管理を図り、患者の安全を確保するため、一関市国民健康保険藤沢病院医療ガス安全管理委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 医療ガスの保守点検指針(昭和63年健政発第410号「診療の用に供するガス設備の保守管理について」別添2)に基づく保守点検業務を行なうこと。

(2) 保守点検業務に関する帳簿を備え、実施した保守点検について記録し、2年間保存すること。

(3) 医療ガス設備に係る新設、増設、部分改造、修理等に当たって臨床各部門にその旨周知徹底を図り、使用に先立って厳正な試験及び検査を行い、安全を確認すること。

(4) 第1号及び前号の業務を行うため監督責任者及び実施責任者を選任し、その名簿を備えること。

(5) 病院内の各部門に、医療ガスに関する知識を普及し、啓発に努めること。

(6) その他医療ガスに関すること。

2 委員会は、監督責任者にあっては委員会の委員(医療ガスに関する知識及び技術を有する者に限る。)のうちから選任し、実施責任者にあっては医療ガスに関する専門的知識及び技術を持つ者(高圧ガス取締法(昭和26年法律第204号)による主任者を置く場合は、主任者)を選任しなければならない。

(組織)

第3条 委員会は、委員7人以内で組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから、院長が任命する。

(1) 医師

(2) 薬剤師

(3) 看護師

(4) 事務職員

(5) その他院長が必要と認めた者

(任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、任命されたときの要件を欠いたときは、委員の職を失うものとする。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長1人を置き、院長の指名する委員をもって充てる。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理し、会議の議長となる。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(監督責任者及び実施責任者の職務)

第6条 監督責任者は、実施責任者による保守点検業務を指導監督する。

2 実施責任者は、医療ガスの保守点検指針に沿って保守点検業務を行なわなければならない。ただし、配管設備部分については、医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)第9条の13に規定する基準に適合する業者に委託することができる。

(会議)

第7条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は、年1回定期的に開催する。ただし、委員長が必要と認めるときは、臨時に委員会を開催することができる。

3 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

4 委員会は、必要があると認めるときは、委員以外の者を出席させ、説明及び意見を聴くことができる。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、事務部庶務管理係において処理する。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、病院事業管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成23年9月26日から施行する。

一関市国民健康保険藤沢病院医療ガス安全管理委員会設置規程

平成23年9月26日 病院事業管理規程第18号

(平成23年9月26日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 病院事業/第4節 診療等
沿革情報
平成23年9月26日 病院事業管理規程第18号