○一関市消防職員の立入検査証に関する規則

平成21年3月31日

規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防法(昭和23年法律第186号)第4条第2項(同法第16条の3の2第3項、第16条の5第3項及び第34条第2項において準用する場合を含む。)に規定する証票(以下「立入検査証」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(立入検査証)

第2条 立入検査証の様式は、様式第1号のとおりとする。

(立入検査証の交付等)

第3条 立入検査証は、消防長が必要と認める消防職員(以下「職員」という。)に交付する。

2 消防長は、立入検査証を交付したときは、立入検査証交付台帳(様式第2号)に登録し、適正に管理しなければならない。

3 職員は、立入検査証の記載事項に変更を生じたとき、又は立入検査証を亡失し、若しくは損傷したときは、速やかに所属長を経由して消防長に届け出なければならない。

4 前項に規定する場合において、消防長は、立入検査証を書き換え又は再交付するものとする。

(取扱い)

第4条 立入検査証は、他人に貸与し、若しくは譲渡し、又は職務の執行以外に使用してはならない。

(返納)

第5条 職員は、その身分を失ったときは、速やかに立入検査証を返納しなければならない。

(委任)

第6条 この規則で定めるもののほか必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

一関市消防職員の立入検査証に関する規則

平成21年3月31日 規則第17号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第12編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成21年3月31日 規則第17号