○一関市消防本部警防規程

平成25年12月25日

消防本部訓令第5号

目次

第1章 総則(第1条―第12条)

第2章 警防業務

第1節 出場計画等の策定(第13条)

第2節 警防体制(第14条・第15条)

第3節 動員及び参集(第16条―第19条)

第4節 警防調査(第20条)

第5節 警防計画(第21条)

第6節 警防訓練(第22条―第24条)

第7節 消防機械器具(第25条―第27条)

第8節 その他の警防業務(第28条・第29条)

第3章 警防本部の活動

第1節 部隊運用(第30条―第32条)

第2節 出場等(第33条―第35条)

第3節 警防活動(第36条―第38条)

第4章 安全管理(第39条)

第5章 警戒体制等

第1節 火災警報(第40条―第44条)

第2節 警戒体制の強化(第45条―第47条)

第6章 報告等(第48条―第51条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この訓令は、法令その他別に定めるもののほか、一関市消防本部の行う警防活動及び警防業務に関して必要な基本的事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令の用語は、次の各号に定めるところによる。

(1) 警防業務 警防調査、警防計画の作成、警防訓練、消防訓練指導、消防機械器具の点検整備その他これらに類する業務をいう。

(2) 警防活動 災害が発生し又は発生するおそれがあるときに実施する災害の防除、警戒、鎮圧及び被害の拡大を防止する活動並びに人命の救助及び救急に関する活動をいう。

(3) 警防体制 消防本部において、警防活動を実施するための体制をいう。

(4) 消防隊 指揮隊、警防隊、救急隊、救助隊及びその他消防活動上の必要に応じて編成された隊をいう。

(5) 消防部隊 消防大隊、消防中隊、消防小隊及び消防分隊をいう。

(6) 現場最高指揮者 現に災害現場にある上級者で消防部隊を統括する者をいう。

(7) 所属長 課長、消防署長又は分署長をいう。

(組織の名称等)

第3条 組織の名称等は、一関市消防計画第1章組織計画による。

(消防部隊の編成)

第4条 消防部隊の編成は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 消防大隊は、消防本部をもって編成する。

(2) 消防中隊は、各消防署単位をもって編成する。

(3) 消防小隊は、各消防署及び各分署の所属単位をもって編成する。

(4) 消防分隊は、消防隊の単隊とする。

(警防本部の設置)

第5条 消防本部に警防本部を置く。

2 警防本部は、警防活動を総括する。

(警防本部の組織)

第6条 警防本部は、警防本部長、警防副本部長、総務、予防、消防及び防災の各班により組織する。

2 警防本部長は、消防長をもって充てる。

3 警防副本部長は、消防次長及び防災安全対策監をもって充てる。

4 総務、予防、消防及び防災の各班長は、総務、予防、消防及び防災の各課長をもって充てる。

5 総務、予防、消防及び防災の各班員は、第2項から前項までに掲げる者以外の職員をもって充てる。

(警防本部の運営)

第7条 警防本部長は、警防本部の業務を統括する。

2 警防本部長に事故があるとき又は警防本部長が欠けたときは、警防副本部長がその職務を代理する。

3 警防本部の運営に関することは、一関市消防計画第1章組織計画による。

(消防中隊)

第8条 消防中隊に、中隊長及び副中隊長を置く。

2 中隊長は、消防署長をもって充てる。

3 副中隊長は、副署長をもって充てる。

4 中隊長に事故があるとき又は中隊長が欠けたときは副中隊長が、副中隊長に事故があるとき又は副中隊長が欠けたときは、あらかじめ中隊長が指定した職員がその職務を代理する。

(消防小隊)

第9条 消防小隊に小隊長を置き、消防司令補以上の階級にある者をもって充てる。

2 小隊長に事故があるとき又は小隊長が欠けたときは、消防署、分署に勤務する消防士長以上の階級にある者がその職務を代理する。

(消防分隊)

第10条 消防分隊に、分隊長及び隊員を置く。

2 分隊長は、消防士長以上の階級にある者をもって充てる。

(現場指揮本部の設置)

第11条 必要に応じ災害現場に現場指揮本部を置く。

2 現場指揮本部は、災害現場の警防活動を統括する。

(現場指揮本部の組織)

第12条 現場指揮本部は、現場指揮本部長及び現場指揮本部員をもって組織する。

2 現場指揮本部長は、現場最高指揮者をもって充てる。

3 現場指揮本部員は、現場指揮本部長が指名した職員をもって充てる。

4 現場指揮本部は、別図1をもって表示する。

第2章 警防業務

第1節 出場計画等の策定

(出場計画)

第13条 消防長は、災害種別及び出場の基本計画を示すものとする。

2 第1項に定める災害種別及び出場の基本計画は、別表1のとおりとする。

3 基本計画に変更の必要が生じたときは、消防長の承認を得て消防課長が変更するものとする。

第2節 警防体制

(警防体制の強化)

第14条 消防長は、警防体制を強化する必要があると認めるときは、次の各号によりあらかじめ勤務命令を受けている職員以外の職員(以下「非番職員等」という。)を動員するものとする。

(1) 警防1号体制 非番職員等の必要とする人員を動員し、消防隊を強化する体制

(2) 警防2号体制 全職員をもって対処する体制

2 所属長は、消防長の指示があったとき又は警防体制を強化する必要があると認めたときは、前項に準じて非番職員等を動員するものとする。

(解除)

第15条 消防長の指示があったとき又は所属長の判断で、災害の状況により前条の警防体制を順次縮小することができる。

なお、解除については、消防長の指示又は消防長の承認を得て行うものとする。

第3節 動員及び参集

(伝達要領)

第16条 所属長は、次の各号に掲げる手段により職員を動員するものとする。

(1) 一般加入電話(順次指令を含む)及び携帯電話(メールを含む)

(2) 防災行政無線等

(3) 消防信号

(4) その他

(動員)

第17条 動員命令を受けた職員は、直ちに命令に従い参集するものとする。ただし、次の各号に掲げる職員には適用しないものとする。

(1) 休職中又は停職中の職員

(2) 傷病により休暇中の職員

(3) 出張又は管外旅行中の職員、ただし参集可能な職員を除く。

(4) その他やむを得ない事情がある職員

(5) 前各号のほか、所属長が特に認めた職員

(自主参集)

第18条 職員は、次の各号に掲げる災害を覚知したときは、動員命令を待つことなく自主参集しなければならない。

(1) 消防本部管内で、震度5弱以上の地震を観測したとき。

(2) 消防本部管内で発生した災害が居住地直近であるとき。

(3) 消防本部管内で、動員命令の可能性が十分にあることを覚知したとき。

(所属職員以外の動員及び報告)

第19条 第14条により所属職員以外の非番職員等を動員したときは、動員の命令を行った所属長が、当該職員の所属長の承認を得ることなく出場を命令することができる。

2 前項により所属以外に参集した職員は、所属長に口頭報告するとともに、動員の命令を行った所属長は、その職員の所属長に対し様式第1号により報告しなければならない。

第4節 警防調査

(警防調査)

第20条 消防署長又は分署長(以下「署長等」という。)は、管轄内の警防活動を円滑に遂行するため、次の各号に掲げる事項について警防調査を実施するものとする。

(1) 消防水利

(2) 消防地理

(3) 火災危険区域

(4) 大規模及び重要建築物等

(5) 大量危険物施設等

(6) 高圧ガス施設等

(7) 消防活動阻害物質等

(8) 放射性物質等

(9) その他必要と認める施設等

第5節 警防計画

(警防計画)

第21条 署長等は、前条に定める警防調査に基づき、必要により警防計画を策定するものとする。

2 前項に基づき警防計画を策定したときは、消防課長へ報告するものとする。

第6節 警防訓練

(教育訓練計画)

第22条 職員の警防技術の向上を図るため、一関市消防計画第4章教育訓練計画を定めるものとする。

(効果確認)

第23条 署長等は、教育訓練の効果を確認するため定期に所属職員又は消防隊等の警防技術の確認を行うものとする。

2 署長等は、警防技術の確認に関し、必要に応じ指導及び助言を行うものとする。

(訓練査閲)

第24条 消防長及び署長等(以下「消防長等」という。)は、必要に応じ、消防部隊の指揮統率及び警防技術の錬成状況について査閲を実施するものとする。

第7節 消防機械器具

(管理)

第25条 消防機械器具の管理に関することは別に定める一関市消防本部消防機械器具管理基準による。

(点検整備)

第26条 署長等は、前条に基づき消防機械器具の適正な運用を図るため、点検整備を行うものとする。

(実態調査)

第27条 消防課長は、署所の資機材保有状況を把握するため、必要に応じ消防機械器具の実態調査を行うものとする。

第8節 その他の警防業務

(検証及び検討会)

第28条 署長等は、警防活動に関し、必要に応じ検証を行うものとする。

2 消防長は、警防活動に関し特に必要があると認めるときは、出場した隊員及びその他関係する職員により検討会を行うものとする。

(活動対策)

第29条 署長等は、次の各号に掲げる場合において、必要があると認めるときは、あらかじめ警防活動の方策を立てるものとする。

(1) 消火栓が使用不能である場合

(2) 道路が通行不能である場合

(3) その他警防活動上の障害がある場合

2 署長等は、前項の方策を立てるときは、障害の除去、改善及び警防活動の協力体制について、あらかじめ関係機関と協議しなければならない。

第3章 警防本部の活動

第1節 部隊運用

(部隊運用)

第30条 警防本部長は、警防活動に必要な消防部隊の選定、出場指令、出向の制限及び移動配置並びに警防活動に係る方針の決定等(以下「部隊運用」という。)を行う。

2 警防本部長は、部隊運用の一部をあらかじめ定めた職員に行わせることができる。

3 部隊運用は、災害の規模及び状況に応じて適切に行わなければならない。

(応援出場)

第31条 警防本部長は、必要があると認めるときは、他の消防部隊を出場させることができる。

2 現場最高指揮者は、応援の必要が認められるときは要請することができる。

(転戦出場)

第32条 警防本部長は、現に出場している消防部隊を他の災害の警防活動にあたらせることができる。

第2節 出場等

(出場の原則)

第33条 消防部隊は、出場指令により出場するものとする。ただし、災害を発見し又は災害の発生の通報を受けたときは、その発生場所、災害種別、状況等を確認し、直ちに警防本部に通報のうえ出場することができる。

(出場後の事故等の措置)

第34条 出場指令を受けた消防分隊が事故等により任務を遂行できなくなったときは、当該消防分隊の分隊長は、直ちに警防本部に報告しなければならない。

(消防部隊の引揚げ)

第35条 消防部隊は、現場最高指揮者の命令により現場等から引揚げるものとする。ただし、警防本部長又は現場最高指揮者は、次の各号の場合には途中引揚げを命ずることができる。

(1) 大規模災害において多数の部隊運用を要するとき

(2) 多数の災害が発生したとき

(3) 警防本部長がその他必要と認めたとき

第3節 警防活動

(火災警戒区域の設定等の報告)

第36条 中隊長は、消防法第23条の2第1項に基づく火災警戒区域を設定したとき、消防法第29条第2項、第3項(消防法第36条において準用する場合を含む。第3項において同じ。)及び消防法第30条第1項に基づく消防対象物等の使用、処分又は使用の制限をしたときは、その経過その他必要な事項を記録するとともに、速やかにその旨を警防本部長に報告するものとする。水防法(昭和24年法律第193号)第28条第1項の規定により土地の一時使用等をしたときも同様とする。

2 中隊長、小隊長及び分隊長は、消防法第28条第1項(消防法第36条において準用する場合を含む。)に基づく消防警戒区域を設定したとき及び消防法第29条第1項(消防法第36条において準用する場合を含む。)に基づく消防対象物等の処分又は使用の制限をしたときは、その経過その他必要な事項を記録するとともに、速やかにその旨を警防本部長に報告するものとする。水防法第21条第1項に基づく警戒区域を設定したときも同様とする。

(再燃火災防止の措置)

第37条 再燃火災防止に関することは、別に定める一関市消防本部再燃火災防止要領による。

(不測の事態における措置)

第38条 消防分隊の分隊長及び隊員は、警防活動にあたり不測の事態が発生し、緊急又は臨機の措置を必要とするときは、自己の判断によりこれを行い、速やかに警防本部に報告するものとする。

第4章 安全管理

(安全管理体制の確立)

第39条 安全管理に関することは、別に定める一関市消防本部安全管理要領による。

第5章 警戒体制等

第1節 火災警報

(気象観測の場所)

第40条 火災警報に関する気象観測を実施する場所は、次の各号に掲げるとおりとし、気象観測責任者は消防課長とする。

(1) 消防本部

(2) 一関東消防署

(火災警報の発令、解除伝達)

第41条 火災警報の発令、解除伝達要領は、別図2による。

(火災警報の発令時の措置)

第42条 消防長は、火災警報が発令されたときは、第14条による警防体制を発令するものとする。

(火災警報発令時の体制)

第43条 火災警報が発令されたときは、次の各号に掲げる措置を講ずるものとする。

(1) 各所属共通で対応する事項

 緊急時以外の職員及び車両の出向中止

 消防長から指示された事項

 住民への広報

(2) 消防課で対応する事項

 報道機関に対する協力要請

 気象情報の把握

 消防本部管内の警防体制全般に関すること

(3) 各消防署、各分署で対応する事項

 広報要員の確保

 非番職員等への周知及び消防長から動員命令が発令されたときは、当該職員の動員、参集に関すること

 管轄区域内の火災予防指導

 関係機関への周知及び協力要請

 消防車両の点検及び資機材の増強

 その他必要な事項

(消防団との連携及び協力)

第44条 署長等は、管轄区域内の消防団と次の各号に掲げる事項について事前協議し、相互に協力して警防体制の強化を図るものとする。

(1) 広報の方法と分担

(2) 一関市火災予防条例(平成18年一関市条例第16号)第29条に規定する火気使用制限についての指導

(3) その他、火災の警戒に関する必要な事項

第2節 警戒体制の強化

(警戒体制の強化)

第45条 消防長は、各種警報等が発表されたとき又は必要と認めるときは、警戒体制の強化をするものとする。

2 所属長は、気象又は災害の状況により必要があると認めるときは、警戒体制の強化をすることができる。

(解除)

第46条 消防長及び所属長は、警戒体制の強化を維持する必要がないと認めたときは、警戒体制の強化を解除し、通常時における警防体制に戻すものとする。

(特別警戒の実施)

第47条 消防長等は、次の各号に揚げる場合において、必要があると認めるときは、特別警戒を実施するものとする。

(1) 社会的に重要な公的行事、会議、特殊な催物等

(2) 年末年始

(3) 火災予防運動及び山火事防止運動

(4) 大規模な断減水及び道路工事

(5) その他警防活動に重大な支障を及ぼすおそれのあるもの

2 特別警戒は、災害の発生防止及び災害発生時の初動体制の強化を重点とし、必要に応じ警戒計画を作成して実施するものとする。

3 特別警戒に必要な職員の確保には、非番職員等を動員することができるものとする。

第6章 報告等

(警防活動記録)

第48条 署長等は、警防活動を行ったときは、警防活動記録票(様式第2号)に所要事項を記録するとともに、警防活動整理表(様式第3号)で整理するものとする。

(訓練等記録)

第49条 署長等は、訓練等を行ったときは、訓練等整理表(様式第4号)に記録し、整理しておくものとする。

(警防活動等の報告及び年報)

第50条 消防署長は、警防活動月報(様式第5号)により、その月の活動状況を翌月の7日までに、消防長に報告しなければならない。

また、救助活動の年報を、救急事故等報告要領(昭和30年自消甲教発第18号)により、消防長に報告しなければならない。

(火災警報発令及び解除の報告)

第51条 火災警報発令及び解除の報告に関することは、一関市消防計画第7章気象予報・警報等伝達計画により消防長に報告するものとする。

附 則

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日消本訓令第1号)

この訓令は、平成27年3月31日から施行する。

附 則(平成28年5月17日消本訓令第7号)

この訓令は、平成28年6月1日から施行する。

附 則(平成29年5月31日消本訓令第1号)

この訓令は、平成29年6月1日から施行する。

附 則(平成30年5月7日消本訓令第1号)

この訓令は、平成30年5月10日から施行する。

別表1(第13条関係)

一関市消防本部災害種別及び出場の基本計画

災害種別

災害区分

災害規模

地区

備考

出場車両

累計

火災

一般建物

第1出場

※1

西


2

1



1

1


5

5

西

一関地域指定箇所

2

1




1

1

5

5


3




1

1


5

5

千厩地域指定箇所

2




1

1

1

5

5

大東・東山地域指定箇所

3




1


1

5

5

第2出場


3







3

8

西

一関地域指定箇所

2




1



3

8

第3出場


3







3

11

中高層建物

第1出場

西


2

1

1


1

1


6

6

西

一関地域指定箇所

2

1

1



1

1

6

6


3


1


1

1


6

6

千厩地域指定箇所

2


1


1

1

1

6

6

大東・東山地域指定箇所

3


1


1


1

6

6

第2出場


3







3

9

西

一関地域指定箇所

2




1



3

9

第3出場


3







3

12

林野

第1出場

西


2

1



1

1


5

5


3




1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

車両

第1出場

西


2

1



1

1


5

5


3




1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

高速道建物

第1出場

西


2

1



1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

高速道車両

第1出場

西


2

1



1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

高速道危険物車両

第1出場

西


4

1



1

1


7

7

第2出場


3







3

10

第3出場


3







3

13

高速道築堤部

第1出場

西


2

1



1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

高速道トンネル

第1出場

西


2

1


1

1

1


6

6

第2出場


3







3

9

第3出場


3







3

12

危険物

第1出場

西


3

1



1

1


6

6


5




1

1


7

7

第2出場


3







3

9(10)

第3出場


3







3

12(13)

危険物車両

第1出場

西


3

1



1

1


6

6


5




1

1


7

7

第2出場


3







3

9(10)

第3出場


3







3

12(13)

トンネル

第1出場

西


2

1


1

1

1


6

6


3



1

1

1


6

6

第2出場


3







3

9

第3出場


3







3

12

航空機

第1出場

西


2

1


1

1

1


6

6


4



1

1

1


7

7

第2出場


3







3

9(10)

第3出場


3







3

12(13)

船舶

第1出場

西


2

1



1

1


5

5


3




1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

鎮圧火災

第1出場


1





1


2

2

管外応援

第1出場

※任意選択








0

0

その他

第1出場

西


2

1



1

1


5

5


3




1

1


5

5

第2出場


3







3

8

第3出場


3







3

11

救急

急病

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

転院搬送

第1出場







1



1

1

交通事故

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

一般負傷

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

高速道急病

第1出場


本線上以外は救のみ




1

1



2

2

第2出場


本線上以外は救のみ





1



1

3

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

高速道交通事故

第1出場


本線上以外は救のみ




1

1



2

2

第2出場


本線上以外は救のみ





1



1

3

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

運動競技

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

労働災害

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

自損行為

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

加害事故

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

火災事故

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

水難事故

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

自然災害

第1出場







1



1

1

第2出場







1



1

2

第3出場


多数傷病者で対応







0

0

資機材搬送

第1出場







1



1

1

医師搬送

第1出場







1



1

1

救急支援

第1出場


※任意選択





1



1

1

多数傷病者

第1出場


必要に応じ[助]付加





3

1


4

4

第2出場


必要に応じ[助]付加





3

1


4

8

第3出場


必要に応じ[助]付加





3



3

11

管外応援

第1出場


※任意選択








0

0

その他

第1出場







1



1

1

救助

一般救助

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

交通事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場



1



1

1



3

6

第3出場







2



2

8

内部施錠

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

機械事故

第1出場






1


1


2

2

第2出場










0

0

第3出場










0

0

高速道交通事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場



1

1


1

1



4

7

第3出場







2



2

9

高速道トンネル事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場



1

1


1

1



4

7

第3出場







2



2

9

水難事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

山岳遭難事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

列車事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場






1

1



2

5

第3出場







2



2

7

土砂災害

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

墜落事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

倒壊事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

高所事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

低所事故

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

トンネル事故

第1出場



1



1

1

1


4

4

第2出場



1



1

1



3

7

第3出場







2



2

9

管外応援

第1出場


※任意選択




1




1

1

その他事故

第1出場






1

1

1


3

3

特殊災害

毒劇物漏洩事故

第1出場



1



1

1

1


4

4

第2出場



1

1


1

1



4

8

第3出場







2



2

10

放射性物質

第1出場






1

1

1


3

3

第2出場










0

0

第3出場










0

0

NBCテロ

第1出場



1



1

1

1


4

4

第2出場



1

1


1

1



4

8

第3出場







2



2

10

管外応援

第1出場


※任意選択








0

0

その他事故

第1出場



1







1

1

危険排除

危険物漏洩

第1出場



1







1

1

ガス漏洩

第1出場



1







1

1

風水害

第1出場



1







1

1

交通事故油漏洩

第1出場



1







1

1

電気警戒

第1出場



1







1

1

火気取扱警戒

第1出場



1







1

1

回転翼機警戒

第1出場



1







1

1

警戒警備

第1出場



1







1

1

その他事故

第1出場



1







1

1

緊急確認

自火報鳴動

第1出場



1







1

1

揚煙行為指導

第1出場



1







1

1

怪煙偵察

第1出場



1







1

1

緊急通報確認調査

第1出場







1



1

1

事後聞知火災調査

第1出場



1







1

1

その他調査

第1出場



1







1

1

表中の凡例

西=一関地域・平泉町・花泉地域

東=藤沢地域・千厩地域・室根地域・川崎地域・大東地域・東山地域

タ=水槽付消防ポンプ車

槽=小型動力ポンプ付水槽車(10t)

梯=梯子車

助=救助工作車

救=救急車

指=指揮車(連絡車)

ポ=消防ポンプ車

( )は、東地区分を表す。

※1=指定地域内において一般建物火災等が発生した場合、一関市消防計画第8章火災警防計画に基づき、第2出場体制での対応とする。

別図1(第12条関係)

画像

別図2(第41条関係)

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像画像

一関市消防本部警防規程

平成25年12月25日 消防本部訓令第5号

(平成30年5月10日施行)

体系情報
第12編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成25年12月25日 消防本部訓令第5号
平成27年3月30日 消防本部訓令第1号
平成28年5月17日 消防本部訓令第7号
平成29年5月31日 消防本部訓令第1号
平成30年5月7日 消防本部訓令第1号