○一関市消防団の組織等に関する規則

平成18年3月31日

規則第54号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項及び第23条第2項の規定に基づき、一関市消防団(以下「消防団」という。)の組織並びに消防団員の階級、訓練、礼式及び服制に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 消防団に本部、地域本部及び分団を置く。

2 分団に部及び班を置く。

3 本部の名称及び位置は次のとおりとし、地域本部及び分団の名称、位置及び区域並びに部の名称及び位置は、別に定める。

名称 一関市消防団本部

位置 一関市山目字中野140番地3

(階級及び階級別定数)

第3条 消防団員の階級は、団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長及び団員とする。

2 消防団員の階級別定数は、次に掲げる範囲内とする。

団長 1人

副団長 14人

分団長 55人

副分団長 70人

部長 200人

班長 650人

団員 消防団員の定数から班長以上の実団員数を減じた数

3 団長及び副団長以外の組織別定数は、団長が別に定める。

(役員)

第4条 消防団に次の役員を置くことができる。

組織区分

役員

本部

消防団長 副団長 本部長 副本部長 本部付副分団長 本部付部長 本部付班長

地域本部

地域本部長 地域副本部長 地域本部付副分団長 地域本部付部長 地域本部付副部長 地域本部付班長 地域本部付副班長

分団

分団長 副分団長 分団付部長 分団付副部長 分団付班長 分団付副班長

部長 副部長 班長 副班長

2 次の表に掲げる役員の階級は、同表に定める階級とする。

役員

階級

消防団長

団長

副団長 本部長 地域本部長

副団長

副本部長 地域副本部長 分団長

分団長

本部付副分団長 地域本部付副分団長 副分団長

副分団長

本部付部長 地域本部付部長 分団付部長 部長

部長

本部付班長 地域本部付副部長 地域本部付班長 分団付副部長 分団付班長 副部長 班長

班長

地域本部付副班長 分団付副班長 副班長

団員

(任命)

第5条 消防団長は、消防団の推薦に基づき市長が任命し、消防団長以外の消防団員は、市長の承認を得て消防団長が任命する。

(任期)

第6条 分団長以上の階級にある者の任期は、4年とする。ただし、再任を妨げない。

2 欠員により補充された者の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の職務)

第7条 副団長は、消防団長を補佐し、消防団長に事故があるとき、又は消防団長が欠けたときは、その職務を代理する。

2 本部長は、上司の命を受け、本部の事務を掌理し、部下の消防団員を指揮監督する。

3 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故があるとき、又は本部長が欠けたときは、その職務を代理する。

4 地域本部長は、上司の命を受け、地域本部の事務を掌理し、担当地域の消防団員を指揮監督する。

5 地域副本部長は、地域本部長を補佐し、地域本部長に事故があるとき、又は地域本部長が欠けたときは、その職務を代理する。

6 分団長は、上司の命を受け、分団の事務を掌理し、部下の消防団員を指揮監督する。

7 副分団長は、分団長を補佐し、分団長に事故があるとき、又は分団長が欠けたときは、その職務を代理する。

8 部長は、上司の命を受け、部下の消防団員を指揮監督する。

9 副部長は、部長を補佐し、部長に事故があるとき、又は部長が欠けたときは、その職務を代理する。

10 班長は、上司の命を受け、部下の消防団員を指揮監督する。

11 副班長は、班長を補佐し、班長に事故があるとき、又は班長が欠けたときは、その職務を代理する。

12 本部付、地域本部付、分団付の役員は、上司の命を受け、本部、地域本部又は分団の事務に従事する。

(消防団長の職務代理)

第8条 消防団長に事故があるとき、又は消防団長が欠けたときは、副団長及び本部長から消防団長があらかじめ定める順序に従い、消防団長の職務を行う。

(本部の事務)

第9条 本部においては、次の事務を処理する。

(1) 消防団員の身分に関すること。

(2) 消防団員の公務災害補償に関すること。

(3) 消防団員の退職報奨金に関すること。

(4) 消防団員の表彰に関すること。

(5) 消防団の諸計画に関すること。

(6) 会計、経理に関すること。

(7) 設備資材その他物品の管理に関すること。

(8) 教育訓練に関すること。

(9) 報告、通報及び連絡に関すること。

(10) その他必要な事項

(地域本部の事務)

第10条 地域本部においては、地域本部に係る前条の事務を処理する。

(幹部会議)

第11条 消防団に、その円滑な運営に資するため、消防団長、副団長、本部長、地域本部長、副本部長及び地域副本部長で構成する消防団幹部会議を置き、運営に関する重要事項の協議、決定、分団相互間の連絡調整等を行うものとする。

2 消防団長は、消防団幹部会議を随時招集し、その会議を主宰する。

3 消防長及び消防署長は、消防団長の要請により消防団幹部会議に出席して意見を述べることができる。

(宣言)

第12条 新たに消防団員となった者は、宣誓書(別記様式)に署名してからでなければ、その職務を行ってはならない。

(訓練、礼式及び点検)

第13条 消防団員の訓練、礼式及び点検は、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)及び消防操法の基準(昭和47年消防庁告示第2号)の定めるところによる。

(教育及び訓練)

第14条 消防団長は、消防団員の品位及び技術の向上のため、教育訓練を行わなければならない。

(服制)

第15条 消防団員の服制は、消防団員服制基準(昭和25年国家公安委員会告示第1号)の定める乙種とする。

(文書及び簿冊)

第16条 消防団には、次の文書簿冊を備え、常にこれを整理しておかなければならない。

本部、地域本部

(1) 消防団員名簿

(2) 沿革誌

(3) 出動日誌

(4) 備品台帳

(5) 市内全図

(6) 地水利台帳

(7) 金銭出納簿

(8) 被服貸与台帳

(9) 消防法規例規綴

(10) 消防団送達書類綴

(11) 雑書類綴

分団、部

(1) 消防団員名簿

(2) 沿革誌

(3) 出動日誌

(4) 備品台帳

(5) 区域内全図

(6) 地水利台帳

(7) 金銭出納簿

(8) 被服貸与台帳

(9) 雑書類綴

(顧問)

第17条 消防団に顧問を置くことができる。

2 顧問は、団長又は副団長の職にあった者で在職中功績があったもののうちから、消防団幹部会議に諮って消防団長が委嘱する。

3 顧問は、消防団の運営について消防団長の諮問に応じ、意見を述べることができる。

4 顧問の任期は、4年とする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(一関市消防団規則の廃止)

2 一関市消防団規則(平成17年一関市規則第225号)は、廃止する。

(経過措置)

3 消防団員の階級別定数については、平成18年4月1日から当分の間、第3条第2項の規定にかかわらず、その定数を超えて置くことができる。

4 団長、副団長、本部長、副本部長、地域本部長及び分団長の任期は、第6条の規定にかかわらず、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年とする。

(藤沢町の編入に伴う経過措置)

5 藤沢町の編入の日以後、最初に任命される任期のある役員の任期は、第6条の規定にかかわらず、平成25年3月31日までとする。

附 則(平成18年規則第95号)

この規則は、平成18年6月14日から施行する。

附 則(平成23年9月22日規則第77号)

この規則は、平成23年9月26日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第18号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年11月30日規則第92号)

この規則は、平成28年12月1日から施行する。

画像

一関市消防団の組織等に関する規則

平成18年3月31日 規則第54号

(平成28年12月1日施行)