○一関市と西磐井郡平泉町との間における消防の事務委託に関する規約

平成18年1月20日

告示第7号

(委託事務の範囲)

第1条 西磐井郡平泉町(以下「平泉町」という。)は、消防に関する事務(消防団に関する事務、水利施設の設置及び維持管理に関する事務並びに水防に関する事務を除く。以下「委託事務」という。)の管理及び執行を一関市に委託する。

(管理及び執行の方法)

第2条 前条に掲げる委託事務の管理及び執行については、一関市の条例、規則その他の規程(以下「条例等」という。)の定めるところによるものとする。

(経費の負担)

第3条 委託事務の管理及び執行に要する経費は、平泉町の負担とする。

2 前項の経費の額及び納付の時期は、一関市長及び平泉町長が協議して定める。

(経理)

第4条 一関市長は、委託事務の管理及び執行に係る経費についてその経理を明確にしておくものとする。

2 一関市長は、各年度終了後速やかに委託事務の管理及び執行に係る経費の明細を平泉町長に通知するものとする。

3 各年度において委託事務の管理及び執行に要した経費のうち、平泉町の負担すべきものに対し、既に納付した額に過不足があるときは、翌年度負担すべき額において調整するものとする。

(条例等の通知)

第5条 一関市長は、委託事務の管理及び執行について適用される一関市の条例等を制定及び改廃した場合は、平泉町長に通知しなければならない。

2 前項の規定による通知があったときには、平泉町長は、速やかに当該条例等を公表するものとする。

(水利施設の設置、維持及び管理)

第6条 平泉町長は、有効に消火活動ができるよう、消防に必要な水利施設を設置し、維持及び管理をするものとする。

(財産の使用)

第7条 平泉町の財産で、一関市が委託事務の管理及び執行のため必要と認めるものは、無償で一関市が使用することができるものとする。

(委任)

第8条 この規約に定めるもののほか、委託事務の管理及び執行に関し必要な事項は、一関市長及び平泉町長が協議して定める。

附 則

1 この規約は、平成18年4月1日から施行する。

2 平泉町長は、この規約の告示の際、併せて委託事務に関する一関市の条例が、平泉町に適用される旨及びこれらの条例等を公表するものとする。

3 委託事務の全部若しくは一部を廃止する場合においては、当該委託事務の管理及び執行にかかる収支は、廃止の日を以ってこれを打切り、一関市長がこれを決算する。この場合、決算に伴って生ずる剰余金は、速やかに平泉町に還付しなければならない。

一関市と西磐井郡平泉町との間における消防の事務委託に関する規約

平成18年1月20日 告示第7号

(平成18年4月1日施行)