○一関市出産祝金交付要綱

令和2年4月30日

告示第163号

(目的)

第1 この告示は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止及び感染拡大の影響を受けている子育て世帯を支援することにより感染症の拡大収束後における子育て世代の定住促進及び出生率の向上を図るため、予算の範囲内で、この告示により出産祝金(以下「祝金」という。)を交付する。

(祝金の交付対象者)

第2 祝金の交付対象者は、令和2年4月1日から令和3年3月31日までに出生した子ども(以下「対象児」という。)の保護者(以下「保護者」という。)で、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 対象児と同一の世帯に属していること。

(2) 対象児の出生の日の1年以上前から継続して市が備える住民基本台帳に記録されていること。

(3) 対象児の保護者及びその配偶者のいずれにも市税に滞納がないこと。

(祝金の額)

第3 祝金の額は、次の各号に掲げる対象児の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 保護者が扶養する20歳未満の子どものうちの第1子 20,000円

(2) 保護者が扶養する20歳未満の子どものうちの第2子以降の子 50,000円

(祝金の申請)

第4 祝金の交付を受けようとする者は、対象児の出生の日から起算して1年以内に、一関市出産祝金申請書(別記様式)を市長に提出するものとする。

(祝金の交付)

第5 市長は、第4の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、祝金を交付するものとする。

(祝金の返還)

第6 市長は、虚偽の申請その他不正な手段により祝金の交付を受けた者があるときは、既に交付した祝金を返還させるものとする。

(補則)

第7 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

制定文 抄

令和2年4月30日から施行する。

画像

一関市出産祝金交付要綱

令和2年4月30日 告示第163号

(令和2年4月30日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
令和2年4月30日 告示第163号