○稲城・府中墓苑組合監査委員に関する条例

平成24年5月1日

条例第21号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第202条の規定に基づき、稲城・府中墓苑組合監査委員(以下「監査委員」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(監査等の通知、報告、公表)

第2条 監査委員は、監査又は検査を行うときは、あらかじめその期日を指定し、当該監査又は検査の対象となる機関に通知するものとする。ただし、緊急に実施する必要があると認められるときは、この限りでない。

2 監査委員は、住民監査請求の対象となった行為について、当該行為を停止すべきことを勧告したときは、これを速やかに当該住民監査請求の請求人に通知し、及び公表するものとする。

3 監査委員は、監査又は検査の結果に関する報告、勧告、意見等を決定したときは、これを速やかに提出し、送付し、通知し、又は公表するものとする。

4 監査委員は、審査の意見を決定したときは、これを速やかに管理者に提出するものとする。

5 監査委員は、第3項に規定する監査又は検査の結果に関する報告の提出を受けた機関から、当該監査又は検査の結果に基づき、若しくは当該監査の結果の報告を参考として措置を講じた旨の通知を受けたときは、当該通知に係る事項を速やかに公表するものとする。

(公表方法)

第3条 監査委員による公表については、稲城・府中墓苑組合公告式条例(平成24年稲城・府中墓苑組合条例第1号)第4条第1項の規定により公表する規程の例による。

(庶務)

第4条 文書、公印その他の庶務に関する事務の処理については、稲城・府中墓苑組合の事務局において定められているものの例による。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、監査委員の職務に関し必要な事項は、監査委員が協議により別に定める。

付 則

この条例は、公布の日から施行する。

稲城・府中墓苑組合監査委員に関する条例

平成24年5月1日 条例第21号

(平成24年5月1日施行)

体系情報
第2編 議会・監査/第2章
沿革情報
平成24年5月1日 条例第21号