○伊平屋村公印に関する規程

昭和59年6月5日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 伊平屋村の公印については、別に定めがあるものを除くほか、この規程の定めるところによる。

(公印の種類)

第2条 公印は、庁印及び職印の2種とし、庁印は庁名をもって発する文書に、職印は職名をもって発する文書に用いる。

(公印の名称、ひな形等)

第3条 公印の名称、番号、寸法、書体、用途、保管者及び保管場所は、別表第1のとおりとし、そのひな形は、別表第2のとおりとする。

(保管の方法)

第4条 公印保管者は、公印を厳正に取り扱い、使用しない場合には、堅固な容器に納めて錠を施さなければならない。

2 公印は、特に保管者の承認を受けた場合のほか、保管場所以外に持出してはならない。

(公印の調製、改刻及び廃棄の申請)

第5条 公印保管者は、公印を調製し、改刻し、又は廃棄する必要があると認めた場合は、公印調製(改刻・廃棄)申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

2 公印保管者は、公印を改刻し、又は廃棄したときは、不要となった公印を総務課長に引き継がなければならない。

(公印の告示)

第6条 村長は、公印を調製し、改刻し、又は廃棄したときは、公印の種類、用途及び印影並びに使用の開始又は廃棄の期日を告示するものとする。

(公印台帳)

第7条 総務課長は、公印台帳(様式第2号)を備え、公印の種類、印影その他必要な事項を登録しておかなければならない。

(公印の事故)

第8条 公印保管者は、公印に盗難、紛失、偽造、変造等の事故があったときは、直ちに公印事故届(様式第3号)を村長に提出しなければならない。

(公印の使用)

第9条 公印は、決裁済の原議書を保管者に提示し承認を経て使用しなければならない。ただし、公印使用について、あらかじめ承認した公文書については、その限りでない。

(公印の刷込み)

第10条 公印は、特に必要があると認められるときは、証票等にその印影を印刷することができる。この場合においては、刷込みのつど当該公印保管者を経て、村長に公印刷込み承認願(様式第4号)を提出して、承認を受けなければならない。

2 印刷に使用した印影の原版は、公印保管者が保管するものとする。

附 則

1 この規程は、昭和59年6月5日から施行する。

2 この規程施行の際、現に使用中の公印は、当分の間この規程により調製したものとして使用することができる。

附 則(平成18年訓令第15号)

この訓令は、平成18年6月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第1号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令第2号)

この訓令は、平成21年7月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

番号

名称

寸法

書体

用途

保管者

保管場所

1

村印

方30ミリメートル

れい書

村名をもってする文書

総務課長

総務課

2

村役場印

村役場名をもってする文書

3

村長印

方27ミリメートル

賞状、表彰状等に用いる

4

村長印

方24ミリメートル

村長名をもってする契約書、一般文書

5

村長印

方21ミリメートル

村長名をもってする借用書

6

村長印

戸籍、住民登録に関する村長名をもってする文書

住民課長

住民課

7

村長印

村長名をもってする諸証明

8

村長印

方24ミリメートル

教育委員会において村長名をもってする文書

教育課長

教育委員会

9

村長印

総務課及び財源対策課発行の諸証明

財源対策課長

財源対策課

10

村長職務代理者印

村長職務代理者名をもってする文書

総務課長

総務課

11

副村長印

副村長名をもってする文書

12

会計管理者印

出納業務で使用する証書、通帳等

会計管理者

出納室

13

出納員之印

金銭の出納、領収

14

伊平屋村総務課長之印

LGWAN電子文書交換事務用

総務課

15

伊平屋村農林水産課長印

方21ミリメートル

農林水産課長名をもってする文書

農林水産課長

農林水産課

16

伊平屋村公営企業課長印

公営企業課長名をもってする文書

公営企業課長

公営企業課

17

村長印

方24ミリメートル

公営企業課で村長名をもってする文書

別表第2(第3条関係)

1

2

3

画像

画像

画像

4

5

6

7

画像

画像

画像

画像

8

9

10

11

画像

画像

画像

画像

12

13

14

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

画像

伊平屋村公印に関する規程

昭和59年6月5日 訓令第2号

(平成21年7月1日施行)