○伊平屋村防災行政無線放送施設の設置及び管理に関する条例

昭和63年12月26日

条例第14号

(趣旨)

第1条 文化の向上、産業の振興発展、交通及び通信の確保並びに村行政の円滑な推進を図り、住民の福祉増進に資するため防災行政無線放送施設(以下「放送施設」という。)を設置する。

(本部の位置)

第2条 無線放送の業務を行うため、送信所を伊平屋村役場内に設置する。

(管理運営)

第3条 無線放送の管理運営は、法令その他の定めがあるもののほか、この条例の定めるところによる。

(業務)

第4条 無線放送の業務は、次のとおりとする。

(1) 村政の普及、啓発及び連絡に関すること。

(2) 非常災害その他緊急事態の通報及び連絡に関すること。

(3) その他村長が必要と認める広報及び連絡に関すること。

(業務の区域)

第5条 無線放送を行う区域は、伊平屋村内の全域とする。

(受信資格)

第6条 無線放送を受信できる者は、伊平屋村内に住所を有する個人並びに法人の事務所又は事業所及び公共施設等とする。

(受信機の貸与及び賃貸料)

第7条 防災行政無線受信機(以下「受信機」という。)の貸与を受けようとする者は、あらかじめ村長に申請しなければならない。

2 貸与する受信機の数は、原則として1世帯(1戸)又は1事務所並びに1事業所及び1公共団体等施設につき1台とし、賃貸料は無料とする。

(受信機の保安)

第8条 受信機の貸与を受けた者(以下「使用者」という。)は、常に良好な状態に保管し、異常を発見したときは、直ちに村長にその状況を報告しなければならない。

2 受信機の補修は、村長の指定する者以外はできない。

(損失の補償)

第9条 使用者は、受信機を亡失又は損傷したときは、村長が定める損失額を補償しなければならない。ただし、村長が定める損失を補償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(権利の委譲)

第10条 使用者は、その権利を委譲し、又は転貸し、又は担保に供してはならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるほか、必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、防災行政無線局落成検査合格の日から施行する。

伊平屋村防災行政無線放送施設の設置及び管理に関する条例

昭和63年12月26日 条例第14号

(昭和63年12月26日施行)