○伊平屋村防災行政無線放送施設の設置及び管理に関する規則

昭和63年12月26日

規則第3号

(使用の承認)

第2条 受信機の貸与を受けようとする者は、防災行政無線放送受信機貸与申請書(別記様式)により、村長の承認を受けなければならない。

(使用期間)

第3条 受信機の使用期間は、前条の承認を受けた日から5年以内とする。ただし、村外に転出したときは、転出の日をもって終了するものとする。

(使用期間の更新)

第4条 使用者は、期間終了後も引き続き使用しようとするときは、第2条の規定によるものとする。

(業務取扱時間)

第5条 無線放送業務の取扱時間は、午前8時30分から午後5時30分までとする。ただし、緊急事項その他必要と認めた場合は、この限りでない。

(管理)

第6条 使用者は、受信機を常に良好な状態で維持管理しなければならない。

(承認の取消し)

第7条 次の各号に該当するときは、村長は受信機の使用承認を取り消すことができる。

(1) 条例に違反したとき。

(2) 規則に違反したとき。

(3) その他村長が貸与を不適当と認めたとき。

(返還)

第8条 使用者は伊平屋村外に転出するとき、又は使用を廃止するとき、及び承認の取消しを受けたときは、直ちに村長に受信機を返還しなければならない。

(設備の変更)

第9条 使用者は受信機に特別な設備をし、又は変更を加えてはならない。

(費用の負担)

第10条 受信機の使用に要する経費は、使用者の負担とする。

附 則

この規則は、伊平屋村防災行政無線局検査合格の日から施行する。

附 則(平成19年規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

伊平屋村防災行政無線放送施設の設置及び管理に関する規則

昭和63年12月26日 規則第3号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 災害対策
沿革情報
昭和63年12月26日 規則第3号
平成19年3月30日 規則第3号