○最高号給等を受ける職員の給料の切替えに関する規則

昭和59年4月1日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊平屋村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(昭和59年条例第13号。以下「改正条例」という。)附則第3項の規定に基づき、最高号給等を受ける職員の給料の切替えに関し必要な事項を定めるものとする。

(号給等の切替え)

第2条 改正条例附則第3項に規定する職員(以下「最高号給等職員」という。)のうち、昭和58年4月1日(以下「切替日」という。)の前日におけるその者の号給又は給料月額が別表のアの表(以下「切替表」という。)の旧号給等欄に掲げられている職員の切替日における号給又は給料月額は、切替日の前日におけるその者の号給又は給料月額に対応する切替表の新号給等欄に定める号給又は給料月額とする。

(期間の通算)

第3条 前条の規定により切替日における号給又は給料月額を決定される職員に対する切替日以後における最初の伊平屋村職員の給与に関する条例(昭和48年条例第22号)第4条第4項又は第6項ただし書の規定の適用については、次の各項に掲げる職員の区分に応じ、当該各号に掲げる期間を切替日におけるその者の号給又は給料月額を受ける期間を通算する。

(1) 切替日における号給が職務の等級の最高の号給より下位の号給となる職員、切替日の前日におけるその者の号給又は給料月額を受けていた期間(村長の定める職員にあっては、村長の定める期間を増減した期間。以下「経過期間」という。)のうち12月を超えない期間

(2) 切替日における号給が職務の等級の最高の号給となる職員、経過期間のうち18月を超えない期間

(3) 切替日における給料月額が職務の等級の最高の号給を超える給料月額となる職員、経過期間

(特定の職員の切替え)

第4条 最高号給等職員のうち切替日の前日におけるその者の給料月額が切替表の旧号給等欄に掲げられていない職員の切替日における給料月額及びこれを受ける期間に通算されることとなる期間は、あらかじめ村長の承認を得て定めるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年4月1日から適用する。

附 則(昭和60年規則第1号)

この規則は、昭和60年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)最高号給等職員の号給等の切替表

ア 行政職給料表の適用を受ける者

1等級

2等級

3等級

4等級

5等級

旧俸給月額

新俸給月額

旧俸給月額

新俸給月額

旧俸給月額

新俸給月額

旧俸給月額

新俸給月額

旧俸給月額

新俸給月額

23号給

23号給

26号給

26号給

24号給

24号給

19号給

19号給

17号給

17号給

316,800

326,500

273,900

282,400

226,300

233,400

176,900

182,400

128,900

133,000

320,400

330,100

276,300

284,800

228,500

235,600

178,900

184,400

130,500

134,600

324,000

333,700

278,700

287,200

230,700

237,800

180,900

186,400

132,100

136,200

327,600

337,300

281,100

289,600

232,900

240,000

182,900

188,400

133,700

137,800

331,200

340,900

283,500

292,000

235,100

242,200

184,900

190,400

135,300

139,400

最高号給等を受ける職員の給料の切替えに関する規則

昭和59年4月1日 規則第1号

(昭和60年3月26日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和59年4月1日 規則第1号
昭和60年3月26日 規則第1号