○伊平屋村行政財産の使用料徴収条例

昭和47年5月10日

条例第30号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の4第4項の規定に基づき、行政財産の使用を許可した場合において、使用者から徴収する使用料及びその徴収の方法等に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用料の基準となる評価額)

第2条 この条例において使用料の基準となる評価額は、村長が別に定める当該土地又は建物の評価額を当該土地又は建物の全面積で除して得た額に使用を許可しようとする面積を乗じて得た額とする。

(評価の特例)

第3条 使用を許可しようとする土地が、地形、地盤の軟弱、傾斜等により著るしく利用条件が悪い場合は、村長は、前条に規定する評価額を減額することができる。

2 建物の評価の特例については、建物の種類、設備等を勘案して村長が別に定める。

(使用料)

第4条 使用料は、年額で定める。ただし、使用期間が1年に満たない場合については、使用料の年額を当該年の日数で除して得た額に使用許可の日数を乗じて得た額とする。

(土地使用料算定基準)

第5条 土地使用料は、第2条及び第3条第1項の規定により算出した額に100分の4を乗じて得た額とする。ただし、電柱、看板、ガス管、水道管その他これらに類するものを設置する目的で使用するときは、別表に定めるところによる。

(建物使用料算定基準)

第6条 建物使用料は、第2条及び第3条第2項の規定により算出した額に100分の7を乗じて得た額とする。

(加算金)

第7条 使用者が負担すべき必要経費は、次の各号に掲げるとおりとし、前2条の使用料に加算して徴収することができる。

(1) 電気又は電力料金

(2) 水道及びガス料金

(3) 火災保険料

(4) 暖房に要する経費

(5) 清掃に要する経費

(使用料の納付義務者及び納付)

第8条 使用を許可された者は、使用前にその使用料を納入しなければならない。

(使用料等の減免)

第9条 土地又は建物の使用目的が次の各号の一に該当するときは、使用料及び第7条に規定する加算金の全部又は一部を減免することができる。

(1) 他の地方公共団体その他公共団体において公用又は公共用に使用するとき。

(2) 公共的団体又は公益団体がその事務又は事業のために使用するとき。

(3) 災害その他緊急やむを得ない事態の発生により応急用の施設をして使用するとき。

(4) 前3号に定めるもののほか、村長が必要と認めるとき。

(過料)

第10条 詐欺その他不正の行為により使用料の徴収を免れた者に対しては、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科することができる。

(委任)

第11条 その条例の施行について必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この条例は、昭和47年5月15日から施行する。

別表(第5条関係)

種類

使用料

種類の分類

単位

使用料

摘要

電柱類

西日本電信電話株式会社の場合

 

本柱

 

 

支柱

 

 

支線柱

 

 

支線

 

 

H柱

 

 

架空

西日本電信電話株式会社の場合

 

 

 

電線類

メートル

 

 

電類

 

 

鉄塔類

平方メートル

 

 

軌道施設類

 

 

井戸

 

 

地下埋設物

口径8センチメートル未満

メートル

 

 

口径8センチメートル以上15センチメートル未満

 

 

口径15センチメートル以上30センチメートル未満

 

 

口径30センチメートル以上

 

 

広告アーチ

 

 

広告塔

 

 

街灯柱

 

 

広告及び看板類

他の物件に添加するもの

高さ6メートル未満

幅50センチメートル未満

 

 

幅50センチメートル以上

 

 

高さ6メートル以上

幅50センチメートル未満

 

 

幅50センチメートル以上

 

 

その他

幅50センチメートル未満

 

 

幅50センチメートル以上

 

 

標識類

バス停留所標識

 

 

その他

 

 

地下施設類

 

 

伊平屋村行政財産の使用料徴収条例

昭和47年5月10日 条例第30号

(昭和47年5月10日施行)