○伊平屋村国民健康保険高額療養資金貸付基金条例施行規則

昭和58年4月1日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊平屋村国民健康保険高額療養資金貸付基金条例(昭和58年条例第7号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付申請)

第2条 国民健康保険高額療養資金(以下「資金」という。)の貸付けを受けようとする者は、国民健康保険高額療養資金貸付申請書(様式第1号)により村長に申請しなければならない。

(貸付決定及び通知)

第3条 村長は、前条による貸付申請があったときは、その内容を審査して貸付けの適否及び貸付額を決定し、国民健康保険高額療養資金貸付決定、貸付不承認決定通知書(様式第2号)により当該申請者に通知するものとする。

(提出書類)

第4条 前条の規定により資金の貸付けの決定を受けた者は、次に掲げる書類を村長に提出しなければならない。

(1) 国民健康保険高額療養資金借用証(様式第3号)

(2) 委任状(様式第4号)

(資金の貸付け)

第5条 村長は、前条の書類を受理したときは、速やかに資金を貸し付けるものとする。

(貸付金の弁済)

第6条 村長は、資金の貸付けを受けた者にかかる高額療養費の支払がなされたとき、直ちに貸付金の弁済を行わせるものとする。

(精算)

第7条 村長は、前条の規定による弁済が行われたときは、速やかに国民健康保険高額療養資金貸付金返済完了通知書(様式第5号)により借受人に通知するとともに、借用証書を返還しなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年4月診療分から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

伊平屋村国民健康保険高額療養資金貸付基金条例施行規則

昭和58年4月1日 規則第6号

(昭和58年4月1日施行)