○伊平屋村教育支援委員会設置条例

平成11年11月18日

条例第15号

(設置)

第1条 学校保健安全法(改正平成20年6月18日第73号)第12条の規定に基づき、伊平屋村立小学校及び中学校における特別な教育的支援を必要とする幼児、児童及び生徒に対する早期からの一貫した教育支援を充実させるため、伊平屋村教育支援委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(任務)

第2条 委員会は、伊平屋村教育委員会(以下「教育委員会」という。)の諮問に応じて、特別な教育的支援を必要とする幼児、児童及び・生徒の判定及び教育支援について調査、審議、助言を行う。

(組織)

第3条 委員会は、下記の者で組織する。

(委員)

第4条 委員は、次の各号に掲げる者のうちから、教育委員会が委嘱する。

(1) 村内の小学校長及び中学校長

(2) 特別支援教育担当教諭又は養護教諭及び幼稚園教諭

(3) 学校医

(4) 教育委員会職員

(5) 児童福祉職員

(6) その他専門知識を有する者

(任期)

第5条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第6条 委員会に委員長、副委員長を置く。委員長及び副委員長は委員のうちから互選する。

2 委員長は、委員会を代表し会務を総理する。副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議の招集等)

第7条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は、委員の半数以上の出席をもって成立する。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、不可同数の場合は委員長の決するところによる。

(事務局)

第8条 事務局は、教育委員会内に置く。

(委任)

第9条 この条例の施行に関して必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年条例16号)

この条例は、公布の日から施行し、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成26年条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

伊平屋村教育支援委員会設置条例

平成11年11月18日 条例第15号

(平成26年12月24日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成11年11月18日 条例第15号
平成25年3月13日 条例第4号
平成25年6月27日 条例第16号
平成26年12月24日 条例第11号