○伊平屋村学校給食センター設置に関する条例

昭和49年12月17日

条例第21号

(設置)

第1条 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条の規定に基づき、伊平屋村立学校給食センター(以下「給食センター」という。)を設置する。

(名称、位置及び管轄学校)

第2条 給食センターの名称、位置及び管轄学校は、次のとおりとする。

名称

位置

管轄学校

伊平屋村立給食センター

伊平屋村字我喜屋240番地

伊平屋小学校

伊平屋中学校

野甫小中学校

伊平屋幼稚園

(事業)

第3条 給食センターは、学校給食法(昭和29年法律第160号)第2条に定める目標を達成するため管載学校の学校給食用物資の調達、調理、輸送その他必要な事務及び事業を行う。

(職員)

第4条 給食センターに次の職員を置く。

(1) 主任

(2) 栄養士

(3) 運転手

(4) 調理員

(5) 事務職員

(職員)

第5条 前条の職員の職務は、次のとおりとする。

(1) 主任は、給食センターの業務を統轄し、所属職員を監督する。

(2) 栄養士は、献立の作成その他栄養に関する業務に従事する。

(3) 運転手は、運搬車の運転その他給食物の運搬に従事する。

(4) 調理員は、調理等に従事する。

(5) 事務職員は、事務に従事する。

(運営委員会)

第6条 給食センターの運営を適正かつ円滑ならしめるため給食センターに運営委員会を置く。

2 運営委員会は、給食センターの運営に関する重要な事項について審議し、主任に助言する。

3 前項の審議を行うため、これに重要な調査、研究等を行う。

(委員)

第7条 運営委員会の委員は、次の各号に掲げる者を教育委員会が委嘱するものとする。

(1) 教育長 1人

(2) 主任 1人

(3) 学校長 3人

(4) PTA会長 3人

(5) 学識経験者 2人

(委任)

第8条 運営委員会の議事その他会議運営については、運営委員会が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年条例第9号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和54年9月1日から適用する。

附 則(昭和58年条例第2号)

この条例は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第12号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

伊平屋村学校給食センター設置に関する条例

昭和49年12月17日 条例第21号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和49年12月17日 条例第21号
昭和54年6月15日 条例第9号
昭和58年3月29日 条例第2号
平成17年3月31日 条例第12号