○伊平屋村離島振興総合センターの設置及び管理等に関する条例

昭和57年3月25日

条例第9号

(目的)

第1条 この条例は、伊平屋村離島振興総合センター(以下「総合センター」という。)の設置及び管理等について必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 本村に産業及び社会教育振興、生活改善の推進、保健体育及び老人福祉の増進、離島文化の保存保護等の多目的総合施設として総合センターを設置する。

(名称及び位置)

第3条 前条の施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 伊平屋村離島振興総合センター

位置 伊平屋村字我喜屋300番地

(管理及び運営)

第4条 総合センターの管理者は村長とし、管理運営に関する事務は教育委員会の所管とする。

(運営審議会)

第5条 総合センターの管理運営の効率化を図るとともに住民の意向を十分に反映させるため、総合センター運営審議会(以下「運営審議会」という。)を置く。

(委員の委嘱)

第6条 前条の運営審議会の委員(以下「委員」という。)の定数は15人以内とし、次に掲げる者のうちから村長が委嘱する。

(1) 村議会の議員

(2) 村長事務部局の職員

(3) 各種団体を代表する者

(4) 知識経験者

(委員の任期)

第7条 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 前項の規定にかかわらず、任期中において委員が前条第1号から第4号に掲げる職を離れたときは、その職を失う。

(使用の許可)

第8条 総合センターを使用しようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書を提出し、村長の許可を受けなければならない。

(1) 使用者の住所、職業及び氏名

(2) 使用の目的

(3) 使用の日時

(4) 使用する施設設備の範囲

(5) 会合者の予定人数

(6) 会費、入場料その他これに類する金銭徴収の有無

(7) 使用後の整理清掃の方法

(使用の制限)

第9条 村長は、管理上必要があると認めるときは、前条の許可について、使用の制限その他必要な条件をつけることができる。

2 村長は、使用者が次の各号の一に該当する場合は、使用を許可してはならない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 管理上支障があると認めるとき。

(3) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

3 使用者は、使用する権利を他に譲渡し、又は転貸することはできない。

4 使用者は、許可された目的以外に使用することはできない。

(使用の停止又は取消し)

第10条 使用者が次の各号の一に該当するときは、村長は使用の条件を新たに付し、若しくはこれを変更し、使用を停止し、又は許可を取り消すことができる。

(1) この条例その他これに基づく規則又は命令に違反したとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) 村長において、管理上必要があると認めたとき。

2 前項の規定による処分によって使用者に損害が生ずることがあっても、村はその賠償の責を負わない。

(原状回復)

第11条 使用者は総合センターの使用が終ったときは、直ちに村長の指示に従いその使用施設設備を原状に復さなければならない。

2 使用者が前項に規定する義務を履行しないときは、村長が代って行い、その費用を使用者から徴収する。

(使用料)

第12条 総合センターの使用については、使用者から使用料を徴収する。

2 使用料の額は、伊平屋村使用料条例(昭和47年条例第29号)の定めるところによる。

(使用料の納付)

第13条 使用料は、使用前、許可と同時に納付しなければならない。ただし、使用者の願いにより相当の理由があると認めるときは、後納させることができる。

(使用料の減免)

第14条 公益事業のため総合センターを使用する場合は、使用料を減免することができる。

(使用料の返還)

第15条 既納の使用料は、返還しない。ただし、次の場合においては、その全部又は一部を返還することができる。

(1) 使用の責に帰することができない理由により使用しないとき。

(2) 使用前に使用の許可の取消し又は変更の申出をなし、村長が相当の理由があると認めるとき。

(職員)

第16条 総合センターに、管理運営に必要な職員を置くことができる。

(使用時間)

第17条 総合センターの使用時間は、9時から22時までとする。ただし、村長において必要と認めた場合は、規定時間外においても使用することができる。

(使用者の義務)

第18条 使用者、その責に帰する理由によって総合センターの施設設備を損傷し、又は滅失したときは、村長の定める損害額を賠償しなければならない。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(規則への委任)

第19条 この条例に定めるもののほか、総合センターの管理運営について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和57年11月1日から施行する。

附 則(平成8年条例第12号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

伊平屋村離島振興総合センターの設置及び管理等に関する条例

昭和57年3月25日 条例第9号

(平成9年7月6日施行)