○伊平屋村離島振興総合センターの設置及び管理等に関する条例施行規則

昭和57年12月20日

規則第5号

(目的)

第1条 この規則は、伊平屋村離島振興総合センターの設置及び管理等に関する条例(昭和57年条例第9号。以下「条例」という。)第19条の規定に基づき、条例の施行に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(服務の基準)

第2条 伊平屋村離島振興総合センター(以下「総合センター」という。)の職員等の服務については、伊平屋村職員の服務に関する諸条例及び規則等を準用する。

(処務会計の基準)

第3条 総合センターの処務会計については、伊平屋村財務規則(平成4年規則第1号)等に準拠して執行しなければならない。

(細則の委任)

第4条 この規則に規定するもののほか、総合センターの管理及び運営に関して必要な事項は、別に定める。

(開館及び閉館)

第5条 総合センターは、原則として9時に開館し22時に閉館する。ただし、村長において必要があると認める場合には、規定時間外においても使用できるよう適宜これを変更することができる。

(休館日)

第6条 総合センターの休館日は、職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年条例第24号)に規定する日とする。ただし、土曜日は除く。

2 村長は特に必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず前項の休館日以外の日において、全部若しくは一部を臨時に休館し、又は前項の休館日において全部若しくは一部を臨時に開館することができる。

(施設設備の使用の申請)

第7条 条例第8条の規定により、使用許可を受けようとする者は、伊平屋村離島振興総合センター使用許可申請書(様式第1号)を村長に提出し、その許可を受けなければならない。

2 使用申請は、使用期日の3日前までにしなければならない。ただし、特別の事情があると認められる場合は、この限りでない。

(使用許可)

第8条 村長は、総合センターの使用を許可したときは、使用料の納付をまって伊平屋村離島振興総合センター使用許可証(様式第2号)を当該申請者に交付するものとする。

(使用の変更)

第9条 使用者が申請の記載事項を変更し、又は使用を取り消そうとするときは、第7条の規定により直ちに手続し、村長の承認を受けなければならない。

(使用料の減免)

第10条 条例第14条に規定する使用料の減免は、次に掲げる各号の一に該当する場合、使用料を減額し、又は免除することができる。ただし、冷房料金については、村長が特に必要と認めた場合を除いては、減額し、又は免除することはできない。

(1) 国県の行政機関が使用する場合 全額

(2) 村、教育委員会が主催又は共催して行う催しもの及び会議に使用する場合 全額

(3) 村民の社会教育の活動及び福祉の向上を図る目的で使用する場合 全額

(4) 村内の公共的性格を備える団体若しくはグループが地域文化の振興、産業の振興及びこれ等に類すると認められる目的で使用する場合 全額

(5) その他公益上特別な理由があると村長が認める場合 2分の1以上の額

(使用者の義務)

第11条 使用者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で火気を使用しないこと。

(2) 許可を得ないで設備を附加し、現状を変更し、又は危険をひきおこすおそれのある行為をしないこと。

(3) 使用の許可を受けた施設又は設備以外のものは使用しないこと。

(4) 許可をなくして、壁、柱等に貼紙、クギ打ち等をしないこと。

(5) 入館前に他の入館者に迷惑にならないようにする。

(6) 条例第9条第2項の各号の一に該当する者に対し入館を拒み、又は退館を命ずること。

(7) その他総合センター職員の指示する事項

(入館者の遵守事項)

第12条 入館者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 施設及び設備をき損し、又は汚損しないこと。

(2) 所定の場所以外で喫煙し、飲食し、又は火気を使用しないこと。

(3) 騒音を発し、場内を不潔にし、暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(5) その他総合センター職員及び使用責任者の指示に従うこと。

(入館の制限等)

第13条 村長は、次の各号の一に該当する者に対して総合センター内への入館を拒否し、又は退去を命ずることができる。

(1) 感染症に感染した者

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは迷惑となる行為又はこれらに該当する物品、動物を携行する者

(3) 秩序又は風俗を乱すおそれがあると認められる者

(4) その他管理上支障があると認められる者

(禁止行為)

第14条 総合センター(敷地を含む。)内において、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、村長が公益上必要と認めて許可した場合は、この限りでない。

(1) 行商その他これに類する行為

(2) 寄附の募集

(3) 宣伝その他これに類する行為

(4) 広告物等の提示若しくは配布又は看板、立札類の設置

(責任者の設置)

第15条 総合センターを使用する者は、使用中における責任を明確に保持するための総合センターを直接使用する者から責任者(以下「会場責任者」という。)を決め、村長に届け出なければならない。

(破損、滅失の届出)

第16条 会場責任者は、建物又は附属設備を破損し、又は滅失したときは、直ちに村長に届け出なければならない。

(使用後の届出)

第17条 会場責任者は、総合センターの使用が終ったときは、その使用施設設備を原状に復し、直ちに届け出て点検を受けなければならない。

(損害賠償の手続)

第18条 使用者は、条例第18条の規定に基づき損害賠償の義務が生じたときは、直ちに村長に報告するとともに、村長の定める損害額をその指示する方法によって賠償しなければならない。

(職員等の設置)

第19条 条例第16条の規定に基づき総合センターに次の職員を置く。

(1) 所長 1名 (教育長兼務)

(2) 指導員 1名 (社会教育)

2 前項に定めるもののほか、総合センターの管理運営上必要がある場合は、非常勤の職員を置くことができる。

(職員の所掌事務)

第20条 総合センターの職員等の所掌事務は、次に定めるところによる。

(1) 所長は村長の命を受け、条例、規則その他の規定に従い総合センターの管理運営に関する事務を統括し、所属職員を指揮監督して施設設備の善良なる管理運営に努めなければならない。

(2) 指導員は、老人・婦人学級の指導運営に努めなければならない。

2 前条第2項によって置かれる職員は、上司の命を受け総合センターの管理に関する労務に従事する。

附 則

この規則は、昭和57年12月20日から施行する。

附 則(平成8年規則第3号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

画像

画像

伊平屋村離島振興総合センターの設置及び管理等に関する条例施行規則

昭和57年12月20日 規則第5号

(平成8年4月1日施行)