○伊平屋村野甫島コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例

平成4年7月1日

条例第15号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、伊平屋村野甫島コミュニティセンター(以下「コミュニティセンター」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 地域住民が共同学習、自主的交流、情報交換等による資質の向上及び住民の健康増進を図り、産業、文化の振興に寄与することを目的とする。

(名称及び位置)

第3条 コミュニティセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 伊平屋村野甫島コミュニティセンター

位置 伊平屋村字野甫194―7番地

(管理及び運営)

第4条 コミュニティセンターの管理及び運営は、村長が行う。ただし、村長が必要と認めるときは、他の公共団体及び公共的団体等に管理運営を委託することができる。

2 前項の規定により委託するときの管理運営については、別に規則で定める。

(使用の許可)

第5条 コミュニティセンターを使用する者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ村長の許可を受けなければならない。

2 村長は、前項の許可をする場合は許可条件を付することができる。

(使用許可の取消し)

第6条 村長は、次の各号の一に該当すると認めるときは、使用許可を取り消し、又は中止させることができる。

(1) 使用許可を受ける者が前条第2項の規定により付された条件に違反したとき。

(2) 施設等を破損又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 村長が管理上適当でないと認められるとき。

2 前項の規定により使用の許可を取り消し、又は中止させたことにより生じた使用者の損害については、村長は、その責任を負わない。

(損害責任)

第7条 村長は、使用者が故意又は重大な過失により施設等を破損若しくは滅失したときは、原形に復し、若しくはこれに相当する額の賠償をさせることができる。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めたときは、この限りでない。

(運営委員会の設置)

第8条 コミュニティセンターの管理運営を円滑にするため、運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会に関する事項は、別に村長が定める。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成4年7月1日から施行する。

伊平屋村野甫島コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例

平成4年7月1日 条例第15号

(平成4年7月1日施行)