○伊平屋村野甫島コミュニティセンターの管理運営に関する規則

平成4年7月1日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、伊平屋村野甫島コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例(平成4年条例第15号。以下「条例」という。)第4条の規定に基づき、野甫島コミュニティセンター(以下「コミュニティセンター」という。)の管理運営に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(使用時間)

第2条 コミュニティセンターの使用時間は、9時から22時までとする。

(使用の許可)

第3条 コミュニティセンターを使用しようとする者は、あらかじめ使用許可申請書(様式第1号)により村長に申請しなければならない。

(使用許可の通知)

第4条 村長は、前条の規定に基づき、許可を与えた場合は、使用許可(様式第2号)により、申請者に許可書を交付する。

(使用許可の変更)

第5条 前条の規定により、許可の通知を受けた者(以下「使用者」という。)が、許可を受けた事項を変更しようとするときは、直ちに使用許可変更申請書(様式第2号)を村長に提出し、その許可を受けていなければならない。

(使用の制限)

第6条 村長は、管理上必要があると認めるときは、第3条の使用の許可について、使用の制限その他必要な条件を付すことができる。

2 村長は、使用者が公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認められるときは、使用を許可してはならない。

3 使用者は、使用する権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

4 使用者は、許可された目的以外に使用してはならない。

(責任者の設置)

第7条 コミュニティセンターの使用中における責任を明確にするため、使用申請者が施設の使用責任者となる。

(使用者が守るべき事項)

第8条 使用者は、条例に定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。

(1) 入館者の数は各室の収容できる所定人員の範囲内とする。

(2) 喫煙は、定められた場所で行うこと。

(3) 許可を受けない物品、飲食物の販売をしないこと。

(4) 所定の場所以外において、火気の使用をしないこと。

(5) 許可を受けないで、建物その他施設等を使用しないこと。

(6) 許可無くして、壁、柱等に釘類、貼紙等をしないこと。

(7) その他管理人の指示する事項を守ること。

(原状回復)

第9条 使用者は、コミュニティセンターの使用が終わったときは、直ちに使用した施設、備品を原状に復し、直ちに管理人に届け出て点検を受けなければならない。

2 使用者が、前項に規定する義務を履行しないときは、村が代わって行い、その費用を使用者から徴する。

(損害賠償の手続)

第10条 使用者は条例第7条の規定に基づき、損害賠償の義務が生じたときは、直ちに村長に報告するとともに、村長の定める損害賠償額をその指示する方法に従って賠償しなければならない。

(運営委員の構成及び任務)

第11条 運営委員は、委員7名をもって構成し次の各号に掲げる団体に所属する者のうちから村長が委嘱する。

(1) 村役場

(2) 教育委員会事務局

(3) 区長

(4) 小中学校

(5) 青年会

(6) 老人クラブ

(7) その他村長が認める者

2 委員会は、コミュニティセンターの管理運営を効果的に行うための必要な事項を調査、審議する。

(委員の任期)

第12条 委員の任期は2年とし、補欠員の任期は前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

(役員)

第13条 委員会には、会長及び副会長を置く。

2 会長及び副会長は、委員の中から互選する。

3 会長は、運営委員会を代表し会務を総理する。

4 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは副会長が職務を代理する。

(委員会の招集)

第14条 委員会は、会長が招集し会議の議長は会長がつとめる。

2 委員会は、委員の過半数以上の出席をもって成立する。

(庶務)

第15条 委員会の庶務は、総務課において所掌する。

(補則)

第16条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、村長が定める。

附 則

この規則は、平成4年7月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

様式 略

伊平屋村野甫島コミュニティセンターの管理運営に関する規則

平成4年7月1日 規則第7号

(平成19年4月1日施行)