○伊平屋村民体育館の設置及び管理に関する条例

昭和57年3月25日

条例第8号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、伊平屋村民体育館(以下「村民体育館」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 村民の体位向上と文化の発展を図ることを目的として村民体育館を設置する。

(名称及び位置)

第3条 村民体育館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 伊平屋村民体育館

位置 伊平屋村字我喜屋300番地

(管理)

第4条 村民体育館は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(使用の承認)

第5条 村民体育館の施設又は附属設備を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ村長の承認を受けなければならない。

(使用の不承認)

第6条 教育長は、公益の維持管理上及び施設保全に支障があると認められるときは、使用を承認しないことができる。

(使用)

第7条 使用者は管理者が指示した事項に留意し、常に善良な使用者としての注意をもって使用しなければならない。

2 教育長は、使用者がこの条例又はこの条例に基づく諸規定に違反したときは、使用の承認を取り消し、又は使用の停止を命ずることができる。

(原状回復)

第8条 使用者は、村民体育館の使用が終ったときは、直ちに村長の指示に従いその使用施設設備を原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項に規定する義務を履行しないときは、村長が代って行い、その費用を使用者から徴収する。

(使用料の額)

第9条 使用料は、村長が直接使用する場合のほか、伊平屋村使用料条例(昭和47年条例第29号)に定めるところにより使用者から徴収する。

(減免)

第10条 教育長は前条の規定にかかわらず、公益上特別の理由があると認めるときは、使用料の全部又は一部を免除することができる。

(使用料の還付)

第11条 既に納入した使用料は、還付しない。ただし、使用者の責に帰すことのできない事由により使用することができないときは、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、村長が規則で定める。

附 則

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

伊平屋村民体育館の設置及び管理に関する条例

昭和57年3月25日 条例第8号

(昭和57年3月25日施行)