○伊平屋村飼い犬条例施行規則

平成13年6月19日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊平屋村飼い犬条例(平成13年条例第7号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則で使用する用語は、条例で使用する用語の例による。

(けい留)

第3条 条例第3条第1項に規定するけい留は、次の各号に該当する場合でなければならない。

(1) 飼い犬が公路を通行する人に接触ないものであること。

(2) へいその他の囲壁内において、呼び鈴等を設けて飼い主に連絡できる装置のないものは、囲壁内通路を通行する人に接触しないものであること。

(3) 前2号によることができない場合は、咬傷防止用口輪等を装着させること。

(けい留の除外)

第4条 条例第3条第1項第5号の規定による村長の承認は、様式第1号によるものとする。

(標識)

第5条 条例第3条第3項の標識は、様式第2号のとおりとする。

(事故発生時の届け出)

第6条 条例第11条の規定による事故の届出は、様式第3号によるものとする。

(薬殺の方法)

第7条 条例第9条の規定による薬殺は、必要な時間に限って、道路、空き地、広場、堤防その他適当な地表に毒物入りの餌(以下「毒餌」という。)を置くことによって行うものとする。

2 毒餌に用いる毒薬は、睡眠薬、毒劇薬又は毒劇物とし、医師又は獣医師の指示によって使用するものとする。

3 第1項の規定により毒餌を置く場合には、毒餌ごとに、それが毒餌である旨を表示した様式第4号による紙片を添えておかなければならない。

4 第1項の規定により毒餌を置く場合は、毒餌の置かれた場所を適時巡視しなければならない。

5 第1項による方法のほか、毒餌を目前投与する場合は、当該野犬が毒餌を完全に食するのを確認し、他の畜犬等に被害が及ばないようにしなければならない。

(薬殺する旨の周知)

第8条 条例第9条の規定により薬殺する旨を周知させるには、薬殺を行う区域、期間及び時間、薬物の種類並びに毒餌の状態につき、少なくとも次に掲げる措置を講じなければならない。

(1) 薬殺を行う区域及びその他隣接区域で公衆の見やすい場所に掲示すること。

(2) 薬殺を行う区域及びその隣接区域の住民に対し、広報車、防災無線等を用いて知らせること。

2 前項第1号の措置は、薬殺開始の日3日前から薬殺終了の日まで、同項第2号の措置は、薬殺開始の日の3日前から薬殺開始の日までの適当な日に行わなければならない。

(措置命令の様式)

第9条 条例第12条の規定による殺処分又は必要な措置命令は、様式第5号によるものとする。

附 則

この規則は、条例の施行日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

伊平屋村飼い犬条例施行規則

平成13年6月19日 規則第3号

(平成13年6月19日施行)