○伊平屋村農業生産総合振興促進協議会規則

昭和59年10月1日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊平屋村農業生産総合振興促進協議会(以下「協議会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌業務の範囲)

第2条 この協議会の所掌業務の範囲は、次に定める事項とする。

(1) 農業振興地域制度に関すること。

 農業振興地域の整備の基本方針及びその変更に関すること。

 農業振興地域の整備計画の策定及び推進に関すること。

(2) 地域農政総合推進対策事業に関すること。

 地域農政推進活動事業に関すること。

 農用地利用改善促進事業に関すること。

 地域営農組織化促進事業に関すること。

(3) 農業構造改善対策事業に関すること。

 一般農業構造改善緊急対策事業の計画の策定及び事業の実施推進に関すること。

 新地域農業構造改善対策事業の実施方針及び計画の策定並びに事業の実施促進に関すること。

(4) 新地域農業生産総合振興対策事業に関すること。

 地域農業生産総合振興対策事業の基本方針、事業の実施計画の策定及び事業の実施促進に関すること。

(5) 林業の振興計画の策定及び実施計画促進に関すること。

(組織)

第3条 協議会は、会長及び委員をもって組織する。

2 委員は、別表に掲げる機関のうちから村長が委嘱する。

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、別表に掲げる機関に在職する期間とする。

(会長、副会長の選任及び職務権限)

第5条 会長及び副会長は、委員の互選による。

2 会長は、協議会を代表し会務を総括する。

3 会長に事故があるときは、副会長がその職務を代理する。

(会議の招集及び決議)

第6条 協議会の会議は、会長が招集する。

2 協議会の議長は、会長をもって充てる。

3 協議会は、委員の過半数の出席がなければ開催することができない。

4 協議会の議事は、出席委員の過半数をもって決する。

(事務局の設置)

第7条 協議会の事務局は、農林水産課に設置し事務処理を行うものとする。

(雑則)

第8条 この規則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

議会議員から

農協理事から

農業委員から

各字区長

生産組合長

農改 生改普及員

伊平屋村農業生産総合振興促進協議会規則

昭和59年10月1日 規則第7号

(平成19年4月1日施行)