○伊平屋村防除協議会設置要綱

昭和48年3月23日

告示第5号

第1条 本会は、伊平屋村防除協議会と称する。

第2条 本会の事務所は、伊平屋村役場農林水産課内に置く。

第3条 農作物病害虫の合理的防除を図るため伊平屋村防除協議会を設置する。

第4条 本会は、その目的を達成するため次の事項を協議する。

(1) 計画実践に関すること。

(2) 発生予察に関すること。

(3) 農薬に関すること。

(4) 防除機具に関すること。

(5) 防除費に関すること。

(6) その他病害虫防除に関すること。

第5条 本協議会に次の役員を置く。

会長 1名

副会長 1名

第6条 本協議会に次の委員を置く。

協議委員会 副村長 農林水産課長 沖縄県農業協同組合伊平屋支店長 各区長 農業委員会委員 県農改普及員 農協指導員

第7条 本協議会に会長を置き、会長は、副村長が当たる。

第8条 本協議会に副会長を置き、副会長は、沖縄県農業協同組合伊平屋支店長が当たる。

第9条 会長は、会を代表し会務を総理する。副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。

第10条 協議会の委員の報酬は、無報酬とする。

第11条 本協議会の役員の任期は、2年とする。

第12条 本協議会に計画実践係、発生予察係、防除機具係、農薬係、庶務係を置き各係は、農林水産課職員、農協指導員、農業改良普及員が当たる。

第13条 協議会には、前条で定めた病害虫発生予察係の得た資料に基づき、又はその他の事項にかんがみ必要と認めたときに会長が招集する。

第14条 協議会において必要と認めるときは、防除員を採用して防除班を編成し共同防除を実施する。

第15条 防除員は、各区割当し各戸主が当たる。

第16条 防除の経費は、村・農協・農家負担とし補助金及び農薬の現物譲与等をもって充てる。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、昭和47年5月15日から適用する。

附 則(平成18年告示第10号)

この要綱は、平成18年6月1日から施行する。

附 則(平成19年告示第5号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

伊平屋村防除協議会設置要綱

昭和48年3月23日 告示第5号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第2節
沿革情報
昭和48年3月23日 告示第5号
平成18年5月31日 告示第10号
平成19年3月30日 告示第5号