○伊平屋村漁港管理条例施行規則

昭和56年6月1日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊平屋村漁港管理条例(昭和55年条例第1号。以下「条例」という。)の規定に基づき、規則に委任された事項及び条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(漁港の保全に係る届出等)

第2条 条例第4条第2項の規定による届出をしようとする者は、甲種漁港施設滅失(損傷)届書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

(指定区域内における工事等の許可申請)

第3条 条例第5条第1項の規定による許可を受けようとする者は、指定区域内工事(作業)許可申請書(様式第2号)を村長に提出しなければならない。

(停係泊の許可申請)

第4条 条例第7条第2項又は第11条第3項の規定による許可を受けようとする者は、停係泊許可申請書(様式第3号)を村長に提出しなければならない。

(危険物等の荷役許可の申請)

第5条 条例第8条第2項の規定による許可を受けようとする者は、危険物等荷役許可申請書(様式第4号)を村長に提出しなければならない。

(危険物の種類)

第6条 条例第8条第3項の規則で定める危険物の種類は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 港則法施行規則(昭和23年運輸省令第29号)第12条に基づき定める危険物

(2) 毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)別表第1及び別表第2に掲げる物で医薬品及び医薬部外品以外のもの

(3) 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条第2項に規定する一類感染症、同条第3項に規定する二類感染症又は同条第4項に規定する三類感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある物

(4) 家畜伝染病予防法(昭和26年法律第166号)第2条第2項に規定する患畜及び疑似患畜並びに病気のため死亡した牛、馬、めん羊、山羊及び豚

(5) 食品衛生法(昭和22年法律第233号)第4条から第6条までに規定する物

(使用の届出)

第7条 条例第12条第1項の規定による届出をしようとする者は、漁港施設使用届書(様式第5号)を村長に提出しなければならない。

(占用等の許可申請)

第8条 条例第13条第1項の規定による許可を受けようとする者は、甲種漁港施設占用等許可申請書(様式第6号)を村長に提出しなければならない。

(占用等内容変更許可申請)

第9条 甲種漁港施設の占用の目的又は内容等を変更しようとする者は、占用等内容変更許可申請書(様式第7号)を村長に提出してその許可を受けなければならない。

(入出港届)

第10条 条例第15条第1項の規定による届出をしようとする者は、入出港届(様式第8号)を村長に提出しなければならない。ただし、国際航海に従事する船舶に係る届出は、漁港漁場整備法施行規則(昭和26年農林省令第47号)第8条の2に規定する様式により行うものとする。

第11条 条例第15条第2項の規定による報告をしようとする者は、入出港状況報告書(様式第9号)を翌月10日までに村長に提出しなければならない。ただし、国際航海に従事する船舶に係る報告は、漁港漁場整備法施行規則第8条の2に規定する様式により行うものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年規則第5号)

この規則は、平成17年11月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

伊平屋村漁港管理条例施行規則

昭和56年6月1日 規則第3号

(平成17年11月1日施行)