○伊平屋村農業委員会に対する事務委任規則

平成15年9月10日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2の規定により、村長の権限に属する事務の一部を農業委員会に委任する事項を定めることを目的とする。

(委任事項)

第2条 次の事項について、農業委員会に委任する。

(1) 農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)第4条第2項に規定する農地保有合理化事業に関する事務

(2) 農業経営基盤強化促進法第4条第3項第1号に定める利用権設定等促進事業に関するその他の事務。ただし、同法第18条に定める農業委員会の決定に関する事務及び同法第19条に定める公告に関する事務及び同法第13条の農業経営改善計画の認定を受けた農業者に係る農用地の利用関係の調整は除く。

(3) 農地流動化地域総合推進事業実施要綱(平成12年4月1日12構改第B193号)第3の3の農地流動化調査分析事業の事務

(4) 農用地利用調整特別事業実施要綱(平成7年4月1日7構改第B450号)第3の1の農用地利用調整等推進活動及び第3の2の農用地利用調整実践活動の事務

(5) 農業者年金基金法(昭和45年法律第78号)に関する事務

(6) 沖縄県の事務処理の特例に関する条例(平成12年沖縄県条例第4号)第2条の表12の項及び13の項に掲げる事務

(協議)

第3条 農業委員会は、前2条の規定により委任された事務であっても、特に重要若しくは異例と認められるもの又は解釈上疑義があるものの執行に当たっては、村長と協議しなければならない。

(補則)

第4条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

伊平屋村農業委員会に対する事務委任規則

平成15年9月10日 規則第3号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成15年9月10日 規則第3号
平成22年3月30日 規則第4号