○伊平屋村小作料協議会設置規程

平成15年9月10日

訓令第3号

第1条 農地法(昭和27年法律第229号)第24条の2の規定に基づき、小作料の標準となるべき額を設定し、又は改訂するに当たり、重要な事項につき意見を聞くため、農地法関係事務処理要領(既墾地の部)その(1)の一部改正についての第4の5の規定に基づき、小作料協議会を設ける。

第2条 小作料協議会は、次に掲げる者とし、農業委員会が委嘱した者をもって構成する。

(1) 農地の貸し手を代表する者 5人

(2) 農地の借り手を代表する者 5人

(3) 学識経験者 5人以内

第3条 委員は、非常勤とする。

第4条 本会に会長及び副会長を置き、委員の互選により選任する。

第5条 会長は、会務を総括し、会議の議長となり、副会長は、会長を補佐し会長に事故あるときは、その職務を代理する。

第6条 本会は、会長が招集し、会議は、委員定数の過半数が出席しなければ開くことができない。

第7条 議事は、出席委員の過半数で決し可否同数のときは議長の決するところによる。

第8条 本会の庶務は、農業委員会事務局が処理する。

第9条 この規程に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮り別に定める。

第10条 委嘱後最初に行われる協議会は、農業委員会会長が招集する。

附 則

この訓令は、平成15年9月10日から施行する。

伊平屋村小作料協議会設置規程

平成15年9月10日 訓令第3号

(平成15年9月10日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成15年9月10日 訓令第3号