○伊平屋村職員事務引継規程

平成18年4月17日

訓令第7号

(趣旨)

第1条 本村職員の事務引継に関しては、法令その他別に定めがあるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(村長、助役及び収入役の事務引継)

第2条 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第122条の2から第128条までの規定による村長、助役の更迭があった場合の事務引継書は、様式第1号により調製しなければならない。

(特別職以外の職員の事務引継)

第3条 村長、助役以外の職員で転職、免職、退職その他の異動で担任事務が変わったときは、発令の日から7日以内に前任者は様式第2号による事務引継書を調製し、担任していた事務を後任者又は村長の指定した職員に引き継がなければならない。

2 前項の引継には一般職員の場合は課長が、課長の場合は助役が立ち会わなければならない。

3 事務の引継を終了したときは、事務引継に連署して主管課長、助役を経て村長に報告しなければならない。

4 前項の規定は、出納室に準用する。

附 則

この訓令は、平成18年5月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第22号)

この訓令は、平成18年6月1日から施行する。

画像画像画像画像画像画像

画像

伊平屋村職員事務引継規程

平成18年4月17日 訓令第7号

(平成18年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成18年4月17日 訓令第7号
平成18年5月31日 訓令第22号