○伊平屋村職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱いに関する規則

平成18年3月13日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、児童手当法(昭和46年法律第73号。以下「法」という。)児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)及び児童手当法施行規則(昭和46年厚生省令第33号)に定めるもののほか、伊平屋村の職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱いに関し、必要な事項を定めるものとする。

(事務の総括)

第2条 村長は、児童手当の認定及び支給に関する事務の総括をするものとする。

(事務の委任)

第3条 村長は、児童手当の支給に関する事務及び各報告書等の事務を総務課長に委任する。

(受給者台帳)

第4条 村長及び、前条の規定により委任を受けた者は、受給者ごとに児童手当受給者台帳を作成し、保管しなければならない。

(支払日)

第5条 児童手当の支払日は、法第8条第4項に規定する支払月の10日とする。ただし、当日が祝祭日及び日曜日等に当たるときには、その前の日とする。

2 法第8条第4項ただし書きの規定による支払日はその支払期月でない月であっても支払うものとする。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

伊平屋村職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱いに関する規則

平成18年3月13日 規則第1号

(平成18年3月13日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成18年3月13日 規則第1号