○伊平屋村工事等予定価格事前公表試行規程

平成19年9月13日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この要領は、競争入札及び契約手続きの透明性及び公平性を高め、これらの手続きに対する不正な関与の防止を図るため、村が発注する工事及び設計、測量、地質調査その他の工事に係る委託業務(以下「工事等」という。)に係る予定価格について入札執行前の公表(以下「事前公表」という。)の実施に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(対象工事等)

第2条 予定価格の事前公表は、工事等のうち、競争入札に付すものを対象とするものとする。

2 前項の規定にかかわらず、村長が必要と認めるときは事前公表しないことができるものとする。

(公表の方法)

第3条 事前公表の方法は、次に掲げる方法で行うものとする。

(1) 一般競争入札においては、当該入札の公告において予定価格を記載するものとする。

(2) 指名競争入札においては、当該入札の通知において予定価格を記載するものとする。

(予定価格調書の取り扱い)

第4条 事前公表をする場合、村長が予定価格を記載した書面(予定価格調書)を封書にする必要がないと認めるときは、伊平屋村財務規則(平成4年規則第1号)第101条の規定にかかわらず、これを封書にしないことができる。

(入札の執行)

第5条 予定価格を入札前に公表して入札を実施する場合の入札執行回数は、1回を限度とし、落札者がないときは原則として指名替え等を行うものとする。

2 辞退等により入札参加者が1人となった場合は、入札を中止するものとする。

3 入札参加者から、入札時に入札金額の根拠となる工事費等内訳書の提出を求めるものとし、提出されてない者の入札は無効とする。

(工事費等内訳書の提出)

第6条 事前公表を実施する工事等の入札に際しては、すべての入札参加者に対して工事費等内訳書の提出を義務付けるものとする。

2 工事費内訳書の様式は自由であるが、記載内容は最低限、数量、単価、金額等を明らかにすること。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

(試行期間)

第8条 この規程は、平成19年9月13日から当分の間とする。

附 則

この訓令は、平成19年9月13日から施行する。

伊平屋村工事等予定価格事前公表試行規程

平成19年9月13日 訓令第4号

(平成19年9月13日施行)