○伊平屋村地域公共交通対策協議会設置要綱

平成23年6月22日

告示第14号

(設置目的)

第1条 伊平屋村における交通不便地域の解消や高齢化社会への対応、交通弱者対策等、村営フェリーや、伊是名村への渡船と連携した公共交通の確保等、地域の実情に即したコミュニティバス導入について必要事項を検討し、移動の利便性向上と、持続可能な運営方策の構築を図ることを目的に伊平屋村地域公共交通対策協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(協議事項)

第2条 協議会は、次に掲げる事項について検討及び協議する。

(1) 地域公共交通の確保、維持、改善についての必要性、妥当性、採算性等、各種運営に関すること。

(2) コミュニティバス実証実験に係る計画及び実施等に関すること。

(3) その他コミュニティバスの運行に関し村長が必要と認める事項

(組織)

第3条 協議会は、各関係機関や利害関係者で組織し、その構成は別表のとおりとする。

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱又は任命のあった日から平成26年9月30日までとする。ただし、役職等で委嘱された者についてはその在職期間とし、残任期間については後任者をもって充てる。

(協議会)

第5条 協議会に会長及び副会長を置き、会長は伊平屋村副村長、副会長は伊平屋村教育長とする。

2 会長は協議会を代表し、会務を総括する。

3 協議会は、会長が招集し、会議の議長となる。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

5 所用により協議会に出席することができない委員は、代理の者を出席させることができる。

6 会長が必要と認めるときには、委員以外の者に出席させることができる。

(事務局)

第6条 協議会の事務局は、伊平屋村総務課に置き、事業の施行に係る会計、その他事務を担う。

(雑則)

第7条 この要綱に定める他、協議会の運営に必要な事項は会長で定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

伊平屋村地域公共交通対策協議会

NO

委嘱職名

所属

職名

備考

1

会長

伊平屋村

副村長

 

2

副会長

伊平屋村

教育長

 

3

委員

教育委員会

課長

 

4

委員

住民課

課長

 

5

委員

商工観光課長

課長

 

6

委員

建設課

課長

 

7

委員

社会福祉協議会

所長

 

8

委員

議会 総務文教民生委員会

委員長

 

9

委員

田名区

区長

 

10

委員

前泊区

区長

 

11

委員

我喜屋区

区長

 

12

委員

島尻区

区長

 

13

委員

野甫区

区長

 

14

委員

村老人クラブ連合会

会長

 

15

委員

村婦人会

会長

 

16

委員

村青年団協議会

会長

 

17

委員

レンタル伊平屋

代表者

 

18

委員

伊平屋観光交通

代表者

 

19

委員

前田渡船

代表者

 

20

委員

村商工会

指導員

 

21

委員

沖縄県警

駐在

 

22

委員

沖縄総合事務局運輸部企画室

室長

 

23

委員

沖縄総合事務局運輸部陸上交通課

課長

 

24

委員

沖縄県企画部交通政策課

課長

 

25

事務局長

総務課

課長

 

26

事務局

総務課

係長

 

伊平屋村地域公共交通対策協議会設置要綱

平成23年6月22日 告示第14号

(平成23年6月22日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策・防犯
沿革情報
平成23年6月22日 告示第14号